So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

西麻布に [散歩]





西麻布01.jpg

西麻布に

 

 西麻布あたりを散策しないかって、誘われてそれってどこって感じだが行ってきた。
例によって3人のおじさん。
客観的に外見は爺さんだけれど、少なくてもおいらはおじさんにこだわりたい。
次のステップがあるか、ないかは大きな違いだ。
最近、土器の関係で忙しくしていたし、運動不足だし、運動不足解消にはいいかも。
西麻布って聞くけど、何があってそこへ行くってことでもないし、どの辺にあるのかさえ分からない。
銀座や日本橋のように商業地区でもなさそうだし。
行ってみてびっくりしたのは、超高級住宅地だった。個人的感想だけどね。
億ションって名詞は知ってはいたけど、実際それがどんなモンか外観からでは分からない。しかし、これがそうかもって、それらしき建物が多数。
道路を行き来する自動車も、この辺りの千葉の道をチョロチョロ行き交うものとは違う。
この二つの要素で、街の景観が全然違って見える。これもまた個人的感想。
隣の六本木でもないし、銀座でも日本橋でもない。独特のカラーがある。
しかもそれは人間的とも感じられる。
歩いているだけで、心が癒されるかのようだ。
大使館が多いせいか、外国人的な人の往来も多い。
決して観光客ではない、生活感がある。
そんな自然さがいい。
ぶらぶら、キョロキョロしながら、続いて愛宕神社へ移動。
ここで有名なのは、出世の石段だそうだ。
目の前に立ちふさがるかのような急勾配の石段。
見ただけで拒絶したくなりそうだ。
昼食の時間も過ぎて空腹感も重なり、散々歩いてきたので手すりの助けなしには上れないし、踊り場がなかったのに何回かの息継ぎしないといけなかった。
こんな時、自分が爺さんだと否応無しに認識させられる。
ちょっとキツイけれど、普段運動らしい運動していないツケが回ってきたと思うことにしようなね。
愛宕神社 出世の石段
寛永11年三代将軍家光公の御前にて、四国丸亀藩の曲垣平九郎盛澄が騎馬にて正面男坂(86段)を駈け上がり、お社に国家安寧の祈願をし、その後境内に咲き誇る源平の梅を手折り将軍に献上したことから日本一の馬術の名人として名を馳せ「出世の石段」の名も全国に広まった。
この旅はもう少し続きます。

 

 

  


西麻布011.jpg
聖心女子学院あたりの道路
ケヤキ並木の木陰が綺麗
単にカーブで注意を促す道路の赤のペイントも植木の緑に映えている
ここは西麻布ではないらしい

西麻布02.jpg
独特な外観の建物

西麻布03.jpg
「権八」米大統領来日の際に小泉元首相の歴史的な「居酒屋会談」の場となったほか
有名人も多数訪れるという有名な焼き鳥で有名な和風レストラン

西麻布04.jpg
権八

西麻布05.jpg
湿度が低く過ごしやすい気候
雲も秋の空を思い出させるようなものだった
六本木ヒルズかな

西麻布06.jpg
レストランの建物

西麻布07.jpg
建て込んだ家の隙間に捨てられたビール瓶
かつてビールっていうと瓶と決まっていた時代の瓶は茶色だった
ドイツのこのビールは緑色でそれだけで洒落た感じだった

西麻布08.jpg
たどり着いた

西麻布09.jpg
空腹で歩き疲れ気味の体にはこの石段は過激
上を見上げると後ろにひっくり返ってしまいそう

西麻布091.jpg
石段を登り詰めると愛宕神社

西麻布092.jpg
上りはいいけど、下りは超危険
危ないから帰りはエレベータで降ります








Sponsored Links



nice!(35)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 35

コメント 4

mimimomo

おはようございます^^
西麻布、わたくしも行ったことはありませんが、
高級な住宅地だという話は耳にしたことが・・・
きっとおしゃれな街なんでしょうね。
愛宕神社の階段の話は聞いたことあります。
by mimimomo (2018-06-11 07:13) 

DANKAI_Gen

mimimomo さま
いつも有難うございます。
お身体の具合はいかがでしょうか。

公共交通の便はあまりいいとは言えないのが、逆によかったのかも知れません。スーパーや個人商店など見かけナックて、高級なレストランなどが多かった。まさか毎日外食でもないと思いましたが、人ごとながら心配してしまいます。
by DANKAI_Gen (2018-06-11 14:55) 

U3

江戸時代、この階段を馬に乗って登った人がいるのですよ。
by U3 (2018-06-12 12:31) 

DANKAI_Gen

U3 さま
にわかに信じ難い急勾配で人の足でもはみ出るほどのものですが、そのように書いてありました。
馬も大変だったと同情します。
by DANKAI_Gen (2018-06-13 18:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。