So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

前の3件 | -

江の島を歩く その1 [歴史散歩]

江ノ島散策00.jpg


江の島を歩く その1

 

 時々だけど、「神奈川歴遊クラブ」主催の歴史散歩を楽しませてもらっている。もともとは友人の知人がそのクラブに属しているから機会をもらっている。
その友人とともに参加した。今年の4月末のことだった。

ところで、おいらはカメラ撮影済みの写真データをカメラからSDメモリカードを取り出して、USBリーダーライターに差し込んで、Macに取り込んでいる。

歳はとりたくないって言葉がこれ以上ぴったりの失敗をやらかしてしまった。
そうなんです。SDメモリカードをカメラに戻し忘れて、メモリカードなしのカメラを抱えて江の島に出かけてしまったんです。
フル充電したカメラをバッグにしまいこんで、順調に電車を乗り継いで、片瀬江ノ島駅に降り立って、早速カメラを取り出して特徴ある駅舎をパチリ。

その瞬間ファインダーにいつもは現れない文字が表示される。
何だろう、気にはなったが次々と周辺の撮影。
一瞬置いて、背筋に冷や汗が。。。
バッグ内を弄るが予備のメモリーカードが出てこない。あとは、右手の人差し指がウズウズ動くが、できるだけ記憶の画像として情けないおいらの脳に焼き付けることに専念した。

そうはいっても、記憶力も減退していることから、いつかは同じコースを辿ってしっかし写真として残しておきたいと心に留めた1日でした。
ところが、梅雨らしい梅雨もないまま、激暑の夏がお訪れて、リベンジすることも忘れてしまいそう。
おじさんが出歩いても熱中症で倒れそうにない陽気になった10月末に江の島を再訪した。

江の島は、遠くから眺めるにはいいが、階段、坂が多くて年寄り泣かせ?の地だと改めて認識させられた。
多くの人が江島神社の参道を行って神社にお参りしてエスカーを利用して江の島展望灯台に登って360度の景色を堪能するのと、徒歩で島を廻るのとは随分印象が違う。
コースは、江の島弁天橋→モース記念碑→ヨットハーバー→聖天島公園→青銅の鳥居→江島神社辺津宮・八坂神社→中津宮→山ふたつ→奥津宮→稚児の淵→朱の鳥居

2回に分けて掲載していきます。
 

 

  


続きを読む


nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

マンガの思い出 [歴史散歩]

トキワ荘00.jpg


マンガの思い出

 

 おいらの最古のマンガの思い出は、父とともに川越に行ったとき、その時に買ってもらったか事前に手に入れて持参したかのマンガ(ジャングルもの)(作者まで覚えていないが手塚治虫先生かも)を読みならが歩いていたら、電柱にぶつかったっていうマンガみたいな記憶。
小学生低学年の頃だったかも。

次に小学生高学年になるとマンガ週刊誌「少年マガジン」が刊行された。
いち早く購入して読みふけった。
そのうち二匹目のドジョウ「少年サンデー」が出てきて、坊ちゃん一緒に遊びましょう。なんていうもんだから、大変になってきた。時間も経済的にも。

で、長い時間をおいて子供ながら真剣に考えて、購読をやめた。

それ以来、マンガに接することが少なくなったが、話は前後してしまうかもしれないが、大泉東映撮影所ってところに動画スタジオってものができて、アニメの配信を始めた。
学校から映画館に行ったような記憶もあるが、「白蛇伝」っていうのが記憶の底に残っている。
大泉に住んでいたから、なんか誇らしいと感じることもあった。

この広い周辺には有名なマンガ家の先生が住んでいることも聞いたことがあった。
トキワ荘という名称は、昨今のマンガ・アニメが日本を代表するコンテンツ産業?だと聞いてからのことかも。

それでいつもの3人のおじさんが連れ立って、西武池袋線の椎名町駅で下車。
駅前は西武線の駅前らしく、雑然として細い道が入り組んでいる。
こんな細い道でも大きなバスが行き来しているのは驚いた。

小さな地図を見ていると方向音痴状態になって、あらぬ方向に行ったりしたが、一箇所のポイントに行き着けばと歩き回って散策することができました。

豊島区とくにこの辺りは歴史的な名所がなくて、マンガの聖地を打ち出していると聞くが、それにしては少し寂しい感じもしなくはなかった。
続いて、むかしの大泉動画スタジオに変わって「東映アニメーション」に「アニメーションミュージアム」っていうのがあるっていうことで移動することにした。
おいらが大泉から、千葉に移動する時分に、オズっていう商業施設が撮影所内のオープンセット敷地の一部にできた。(調べてみたら、1983年4月の開業だって、えっそんなに経つの びっくり)
周りは随分変わったが、懐かしいオズは変わらない。
内部は例によって、寂れて人も少なく外はいい天気だけど、内部は曇りがちってって雰囲気。
 

 

  


続きを読む


nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

スパムメールもネットビジネス? [パソコン]

スパムメール20181111-02.jpg


スパムメールもネットビジネス?

 

 おいらがパソコンを始めてから、当時はニフティサーブとかへモデムで接続していたものが、インターネット接続が普及してくると、その便利さを教え込まれて、確かサンネンットだったかプロバイダーと契約して接続して楽しんでいた。
当時のことを思うと、現在のようなことは想像もしていなかった。
というのも当時はネットビジネスというより、ボランティアによる情報サイトが多かったように感じた。
この便利さや楽しさが多くの利用者を呼ぶと、そこでビジネスが成立するファンデーションができてきた。


最近は「GAFA」(=Google/Apple/Facebook/Amazon)なんて造語もできて、このビジネスが市民権を得たというか、世界の経済を牽引していると言っても過言ではない。
先日、独身の日のイベントセールで話題を提供した Alibaba は含まれていません。

おいらも、広義でいうとアフリエータということになるんだろうか。
不勉強、不勤勉で収入には結びついていないけど。。。


ところで、今のインターネット接続プロバイダーと契約して、取得したメールアドレス。当時は、メールアドレスなんか一人で複数持つなんて考えもしなかった。
だから、このメールアドレスは色々なソフトウェアベンダーのユーザIDとして使用している。
ある大手ソフトベンダーがこのユーザIDを抜かれてしまったと大きく報道された。
それからはスパムメールがたくさん送りつけられるようになった。
もちろん全て無視だが、同じ内容でずっと送り続けるというのはなくて、あれこれ工夫して色々なものが来ているのが見てとれる。


今回は冒頭の写真のようなものがきた。
脅かして、時間制限を設けて、お金を要求するという基本のパターン。
でも、そんな手口でもちょっとだけ手がこんでいる。


こんな詐欺的なものでもネットビジネスということになってしまうのだろうか。


次ページにメールの内容を掲載します。
 

 

  


続きを読む


nice!(35)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -