So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

前の3件 | -

発掘された日本列島2018 江戸東京博物館 [博物館]

江戸東京博物館00.jpg

発掘された日本列島2018 江戸東京博物館

 

 両国駅から総武線各停の黄色い電車の窓から国技館と並んで厳しい江戸東京博物館を最初に見たのはいつ頃だったんだろうか。
建物内の竣工の碑には平成5年3月で当時の都知事、あの体の柔らかい鈴木俊一元知事の時代だったようだ。
現在に至るまで、一度も入館していなかったが、「発掘された日本列島2018」の特別展を見るために訪れるきっかけを得ることができた。
加曽利貝塚でも南貝塚の貝層断面の一部を剥ぎ取って、ここに展示し、縄文土器もいくつか展示しているようだ。
江戸東京博物館の会期は7月22日で終了し。石川県立歴史博物館(8/4-9/9)、岐阜市歴史博物館(9/22-10/31)、広島県立歴史博物館(11/14-12/24)、川崎市市民ミュージアム(1/8-2/17)と各地を回って展示が行われるようだ。
この特別展も興味深かったが、常設展示エリアは江戸期、東京期とバラエティに飛んでいて、見ていて飽きない。
というのは、おいらが歳とって来たってことになるかも。
 

 

  


続きを読む


nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

稲毛浅間神社 十二座神楽 暑かった!! [祭り]

浅間神社神楽00.jpg

稲毛浅間神社 十二座神楽 暑かった!!

 

 今夏の記事の始まりは、「暑い」で始まる。
この祭りの日も危険な暑さの形容詞がぴったりの暑さだった。
以前にも見たこの神楽を、また見たくなって出かけることとした。
京成稲毛駅を降りると、いつもは車の往来が結構ある通りは、通行止になっていたようで、道路の両側は屋台が軒を連ねている。道路の真ん中は浴衣などを羽織った涼しげな姿の人が、屋台を見物しながらゆっくりと流れている。
おいらはと言うと、屋台には目もくれず神社へ一直線。
神社への入り口は木立で日陰になって、幾分涼しいかもと思う間も無く、寒暖を駆け上がると、日当たりの良い拝殿と社務所、神楽殿にでる。
神楽殿の前には数人がカメラを持って立ちすくんでいた。
三脚にビデオカメラをセットしておいてあるのも見える。
あのカメラきっとアッチッチになっているんじゃなかろうかと心配になってくる。
神楽殿の前は日当たりがよく、夕方まで日陰を作る場所はない。
どこに入るか悩む。
まっ、長い前置きは置いておいて・・・・
定刻通り13時に神楽会のご挨拶から始まった。
一座目は「巫女の舞」
男性が舞っていたのは意外だった。
二座目は「天岩戸開きの舞」
舞台後ろの引き戸を開くと天照大神が出現
三座目は「猿田彦の舞」
次は、「神功皇后安産子育の舞」
子育てにあやかりたいと、かわるがわる赤ちゃんが出てくる。なかには大泣きしている赤ちゃんもいれば、大物ぶりを発揮して全然泣かない子まで、いろいろ個性があるもんんだ。
次は、「農耕豊穣の舞」
この舞が終わると、紅白餅が巻かれる。
それで休憩が挟まる。
相変わらず暑いけど、
次が、「山神鬼退治の舞」
さらに、「事代主命の舞」(ゑびす様)
次に、「大国主命の舞」
次に、「須佐之男尊 大蛇退治の舞」
八岐大蛇を退治すると言う話なのだが、蛇は現れなかった。
ここで再び餅まき
最後は、「お囃子の舞」
10の舞だった。
十二座というから12の舞があるのかと思ったけど、おいらが見落としたんだろうか。どうなんだろう。
とにかく暑いなかだったが、楽しんだ。
同じ演目で11月23日に開催される。
 

 

  


続きを読む


nice!(28)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

花園ハス祭り観蓮会 [祭り]

観蓮会2018-01.jpg

花園ハス祭り観蓮会

 

 この日も変わらずの激暑だった。
ちょっと早めに出て、6時台には現地に入った。少し涼しい木陰の道を抜けると広い広場にコンクリートで升状に区切られ、それぞれに違った品種のハスが見事な花とそれを撮影している人々が見て取れる。
こんな早朝でも激しく暑い。
ハス池に張られた水も役に立っていないかのようだ。
ここは大賀ハスを始め、世界各地の品種も見ることができて、それぞれの特徴を比較しながら鑑賞できる。
いいところなんだが、この時期以外にここへ入ることはできない。
一年に一回だけの貴重なチャンス。
例年は1日だけなんだが、今年は15日、16日、21日、22日の4日間も開催されたようだ。
ハス以外のも小さな昆虫なども見ることができる。
もっとも早朝に見ることができなかったのは、どこかで寝ていたんだろうか。それともおいらの目ボケまなこのためだったのか。
むかしのことを考えると、昆虫の種類も数も減ったようにも思う。
そんなことを考えながら、会場を2、3周して、観蓮会の会場を後にして、道路を挟んだ反対柄の東大グラウンドにある大賀博士らが古代蓮の花托や種を発見した場所に移動。
ゴルフ場のような芝一面の場所にそれはある。
こちらも許可なく入れない場所である。
結構な距離を歩いて、次の目的地である加曽利貝塚へ移動しよう。
 

 

  


続きを読む


nice!(29)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -