So-net無料ブログ作成

前の3件 | -

カメラの展示会と臨海地区散策 [カメラ]

FUJIKINA2019TOKYO-00.jpg


カメラの展示会と臨海地区散策


 おいらのカメラ歴。大したことないけど、フイルムカメラは電子シャッターのついた一眼レフを最後に、しばらくブランクを置いて。それとは別に仕事の関係で、ポラロイドや初期のコンデジなんか使っていたけど、やっぱりいつでも手元にカメラない生活なんで。。。ってことで、初めて購入したコンデジSANYOのカメラ。電池のもち時間や全体的遅さ、特にシャッターのタイムラグ、フォーカスなど我慢の範囲を超えていたかも知れないが、フイルムカメラにない使い方を探りながら、結構満足していたかも。。。
デジタルカメラとフイルムカメラの一番の違いはフイルムっていう感光媒体があるかないか。
ハードが壊れないければ、使い続けていけるのがフイルムカメラじゃなかろうか。
だから愛着も湧くし、コレクションの対象にもなってきた。
レンズ一体型のデジカメは感光素子も含めて全て自身で包含しているので、それぞれの進歩に対応するためには、全てを買い換える必要がある。

技術的進歩のために、それに追いつくためには極端な話 使い捨てになってしまうのではないか。

てなこと言いながらもコンデジを買い替えながら使い続けてきたおいらだが、満足できるものに出会うことがなかった。
それからミラーレス一眼 富士フイルム社製のものを購入したことで、ほぼ満足な出来だと思った。

富士フイルム製カメラのユーザになって、いつだかPCのメールをチェックしていて富士フイルム社のメールに目がいった。プライベートカメラショー「FUJIKINA 2019 東京」。
最近外に出歩かなくなったのでいってみようかって申し込んだ。


 スマホ持っていないおいらは、初めての場所は事前にグーグルマップやストリートビューで見当つけておいて出かける。
都営地下鉄大江戸線 勝どき駅下車 大塚倉庫東京支店ってところ。
倉庫をイベント開催用にリノベーションしたのだろうか。
 
入り口を入るとすぐに目に付く「壱億」の文字。。。このイベントの入場者数の目標か?そんなことないよね。
後でわかったのは、このイベントでプレス発表するという富士フイルムの中判カメラ「FUJIFILM GFX100」。このカメラの画素数が1億200万画素。。。

デジカメが画素数だけで魅力を打ち出すだけの販売戦略でなくなって久しいが、この数字はちょっとすごいかも。



会場内をさっと流して、無料のクイックメンテナンスをお願いしたあと、会場を後にして勝鬨橋を経由して築地にでも行こうかと歩き出した。
当日は好天で太陽光が肌を射すように強い。
おじさんが、年甲斐もなく歩きすぎて熱中症で倒れては冗談にならない。

ゆっくり、日陰を選んで歩くが道路案内は車用で、銀座方面って書いてあってその方向にいっても、行けないことがあってそのうちどこを歩いているのかわからなくなった。
バスは走っているので、最悪はバスに乗ればいいかって開き直ってトボトボと歩く。

疲れたけど、街の景色はとても整備された綺麗なところだった。

本記事の文章もトボトボ、ダラダラ長くなってしまったことをお許しください。



  


続きを読む


タグ:カメラ
nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ヨコハマで2つの博物館(2) [博物館]

原鉄道模型博物館00.jpg


ヨコハマで2つの博物館(2)


 ラーメン食べた後、2つ目の博物館へ移動。新横浜駅へ戻って地下鉄に乗って横浜駅へ。
少しうろうろしたけど帷子川に架かる橋に到着、二つ目の博物館「原鉄道模型博物館」。

鉄道模型とジオラマの組み合わせって、たまに見ることもあったけど、ここ原鉄道模型博物館のそれは想像をはるかに超えるものだった。
博物館は2012年7月に原 信太郎氏の製作、所蔵してきた鉄道模型、関連資料などのコレクションを一般公開したもの。

原氏は鉄道の調査のため、撮影機材などを担いで世界各地の鉄道を訪れ膨大な調査資料をもとに鉄道模型の製作に勤しんだ。

そのこだわりようは、ジオラマで走行時の線路のつなぎ目を通過するときのガタンゴトンという音や、本物と同じく架線からの電力供給。もちろん模型そのものの正確、精緻なこだわりをもった出来栄えから誰でもが感じ取れる。

あのこだわりの中で丸一日過ごすのもいいかもしれない。




  


続きを読む


タグ:鉄道 博物館
nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヨコハマで2つの博物館(1) [博物館]

ラーメン博物館00.jpg


ヨコハマで2つの博物館(1)


 おいらにとって、ラーメンにはいい印象がない。
商売をしていた(ラーメン屋じゃないけど)両親を見て育ったおいらは、食事の途中、話の途中でも来店があれば店に出て対応する。忙しい時期は食事の支度もままならないから店屋物を食べる。
近くの叔父の家はサラリーマン。。。ゆったりした誰にも拘束されない家庭内の時間がそこにあった。

店屋物の代表は向かいの中華料理の店(大陸だったかな)のラーメン。
その当時、ラーメンが嫌いというより、せわしない時間と寂しい食事が嫌いだったのかもしれない。
それを食べると頭痛がしてくるのが常だった。

その後、画期的大発明 即席麺チキンラーメンが発売された。
記憶は曖昧だけど、一袋17円だったような気がする。
これは美味かった。

ラーメンが市民権を得て、地域ごとの特徴を持ったブランドラーメンが出てきた。荻窪ラーメンなどを並んで食べたこともあったっけ。
店のガラス戸が開いていて、食べ終わりそうな人の後ろに並んで待つっていうのがルールみたいだった。食べているときに後ろに人の気配を感じると落ち着かない。
美味さは後ろに人が来るまでの一瞬の時だけだ。

香港国際空港から中国の蛇口へ向かう高速フェリーが出港するや否や、乗務員の女性が大きなやかんを持って座席を廻っているのを見た。
やがて、あの即席麺のスープの香りが船内に充満した。
ラーメンをすすっている人の多くは中国人か韓国人かな。
即席麺は世界的なすごい発明だ。食文化を変えるまでのパワーを持っている。


というようなことでラーメンとの関わりは色々あったが、今でも大好きっていう対象ではない。

そう言いながら、新横浜駅でいつもの3人おじさん組でひとつめの博物館「ラーメン博物館」へ出かけてきた。
有名な美味しいラーメン店があることと、昭和中期の街並みが再現されている。
面白そうじゃん。



  


続きを読む


タグ:博物館
nice!(35)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -