So-net無料ブログ作成
検索選択

視察船「新東京丸」乗船 そして東京湾視察 [イベント]

視察船新東京丸乗船_竹芝桟橋-01.jpg

視察船「新東京丸」乗船 そして東京湾視察

 

 このところ、東京都にまつわる話題に事欠かない。

東京オリンピック、豊洲・築地市場、都議選など、それに加えて前知事が新聞のインタビューに応えた記事が掲載され、その知事時代にイタリアのメーカーに発注したという超豪華クルーザーなどなど。

 

先月だったか、テレビでこのニュースが取り上げられた。

その番組によると、そもそもは現在の視察船 「新東京丸」の老朽化から新造船をということだったようだ。

 

来るべき東京オリンピックに向けて、羽田に降り立った訪日のVIPを豪華クルーザーに招待し、東京湾を航行して浜離宮に乗り付けて、庭園内に建設する迎賓館(『延遼館(えんりょうかん)』を復元し、歴史的文化遺産を次世代に継承するとともに国内外から訪れる人をおもてなしする迎賓施設としても活用)に招待。

それこそ「お・も・て・な・し」といいう構想だったようだ。

 

そのニュースの中で、老朽化しつつある新東京丸と、その新東京丸で東京湾を視察名目で無料で一般に解放していることを知った。

無料というとじっとしていられない。

ネットで空きを確認して申し込みました。<「視察船 新東京丸」利用案内>

念のために申し上げると、視察といっても双眼鏡や地図を持参して怪しい行動をするわけではありません。

船内では担当の方から、それぞれの地点で解説を聞きながらガッテンと納得することになります。

 

 

いつものおじさん3人組は浜松町駅に降り立って、歩道橋で山手線、京浜東北線の線路をまたいで竹芝桟橋方向へ向かう。

歩道橋から下に「旧芝離宮 恩賜庭園」の緑が目に飛び込む。

帰りに寄ろうかってことになったが、今日の行程は竹芝桟橋出航で青海帰港なんだよね。

指定集合場所の竹芝小型船ターミナルへ。

 

いよいよ出船かって時間になって、本日は強風のため、「青海へ船がつけられない可能性があります。出てみないとわからない」、時間をおいて「波が高いのでコースを変更します。中央防波堤の外に出ないコースに変更します」っていうことになった。

 

出航すると確かに波が荒くて、窓にしぶきがかる。

海から眺める発展する東京臨海部を見るとあらためて凄さを感じる。

コースは短縮されてしまったが、おまけとして東京消防庁「水の消防ページェント」の放水の練習を遠くから眺められたので良しとしましょうかね。

 

青海には入れなかったので竹芝に帰ってこれた。

これによって、旧芝離宮恩賜庭園へ行けることになった。

周りを高層のビルに囲まれたせいなのか、風も弱くゆったりとした時間を楽しんだ。

 

 



 

続きを読む


nice!(41)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5月の加曽利貝塚 [加曽利貝塚]

may加曽利貝塚雉-01.jpg

5月の加曽利貝塚

 

 新緑も美しく、この5月が一年でもっとも良い季節なのかもしれない。(気温は高かった日が多かったけどね)

そういえば、キジも繁殖期を迎え、雄の鳴き声をあちこちで聴く。

時々、人も往来する公園内の道にも現れる。

「雉も鳴かずば撃たれまい」と言われる通り、昔からケンケンと表現される鳴き声(おいらにはケンケンとは聞こえないけど)と、そのあとの羽ばたきがなければ存在すらわからないだろう。

カメラを構えて近づくと飛び去るのではなく、およそ鳥らしからぬ走って逃げてゆく。

それが妙に可愛くて、ついつい追いかけたくなっちゃう。

それにしても、このような美しい中型の野鳥が身近にいるなんて嬉しくなってしまう。

 

このようないい季節に加曽利貝塚では「縄文まつり」が開催された。

公園内の道路にテントが張られ、出店では色々なものが販売されるのを見るのは、2回目である。

来園者が多数と見込まれることから、同好会としては旧大須賀家住宅内で土器づくりを見ていただいた。

 

また、市民土器づくり講座と称するイベントで縄文土器を作るイベントも開催された。

さらに博物館内には、同好会で作成した縄文土器が作品展として展示されている(今年2月に千葉市生涯学習センターで開催された作品展で展示した土器の一部を博物館の企画展示室で6月25日まで開催)

 

忙しい5月もそろそろ終わりだな。

 

 



 

続きを読む


nice!(57)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MEGA WEB ヒストリーガレージで数々の名車に再会 [アート]

MegaWeb-01.jpg

MEGA WEB ヒストリーガレージで数々の名車に再会

 

 おいらの世代の多くは、自由とパワーの象徴だった自動車に憧れた。

自動車の全てを知ることで、より親密な関係を築こうとした。

雑誌も多数発刊されて、知識は豊富にあったかもしれない。

昨今、若者の車離れが加速していると聞く。

 

生活様式が多様化して、象徴的存在の力が衰えたのか。

むかしは良かったとも言えないけど、いいものはいいんだと言う姿勢も大切だと思う。

 

おいらの世代には懐かしいと思える自動車がリストアされて展示されていると言うスペースが台場にあると言う。

それも無料で公開している。

おいら達にうってつけの場所じゃないかっと言うことで、いつものおじさん3人組で出かけた。

 

東京テレポート駅にほど近いビル内にそれはあった。

エリア内の入り口に黄色のダイハツミゼットが出迎えてくれた。この商用車は爆発的に売れたんじゃないだろうか。

テレビの人気番組で、大村崑さんが丁稚姿でミゼットを連呼していたCMを思い出す。

 

赤いメッサーシュミットにも目がクギ付けになった。

モンゴルまつりの時に久しぶりに再会を果たしたSさんが、そのむかし所有していたと聞いたから。

乗せてもらったことはないが、外観からの印象は思いっきり無駄と省いた合理主義が見て取れる。

こういった主義がにじみ出るような自動車は最近には見ることができない。

 

続いてジャガーEタイプ。

当時でも自動車ショーや雑誌で見ることしかできない存在だったが、写真などで見た記憶では、イギリスの緑豊かな片田舎の道を優雅に行く姿は忘れることができない。

素晴らしいデザインだ。

 

アメ車のコーナーもあった。

これでもかってオバーデコレーションが目につく。当時のアメリカファミリードラマでもこう言った自動車が出てくるシーンがあった。日本のコンパクトファミリーカーとは同種の製品とは思えないほど異質なジャンルを形成していたように感じる。

パワーと富の象徴を形作るとこうなるんだろうか。

 

ガソリンの給油機もあった。

給油の単位がガロン(米1ガロン=約3.8リットル)これも富の象徴かも。

あのアメ車の大容量のガソリンタンクに吸い込まれるように大量のガソリンが消費されていったのだろうか。

ところでこの給油機に「TOKHEIM」のロゴを見つけ、記憶が蘇った。

仕事で来日した米国人とともにある製品の検討をしたことがあった。

その後進展することにはならなかったが、貴重な経験ができた。

 

日本の名車。マツダコスモスポーツやトヨタ2000GTにも再会できて本当に良かったよ。

 

近くにあるフジテレビに無料循環バスに乗ってよってみた。

自動車のフロントみたいなキャラクターが出迎えてくれた。

 



 

続きを読む


nice!(45)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感