So-net無料ブログ作成

千葉神社 妙見大祭 初めて行ってみた [祭り]

千葉神社妙見大祭-01.jpg

千葉神社 妙見大祭 初めて行ってみた

 

 なんか、いつまでたっても蒸し暑い日が続くなぁ。こういう陽気は人間にはもちろん、パソコンにも酷だ。

てなことを言い訳にして、ブログの更新も滞りがち。

 

千葉神社 妙見大祭はむかし通りがかりにちらっとみたことがあった。

おいらの勝手な思い込みだが、神輿は街中のビル群の中をゆくより、古い家屋が並んだ古都が似合うし、画にもなる。

そりゃそうですよね。

 

最近、千葉氏を担ぎ出して、ここ千葉市でも度々話題に触れることが増えてきた。

そんなことで、妙見大祭も見に行きたいと昨年計画していたところ、見事に天候に裏切られ(勝手なこと言うなって怒られそう)断念した。

 

今年は8月16日は天候が思わしくなくてやめてしまったが、22日は見事に夏空が再現された。

贅沢を言うと、とても暑くなってしまった。上手くいかないもんだな。

 

16日午後に千葉神社より神輿発御で町内渡御ののち御仮屋に納め、22日午後2時に再び市場町の御仮屋をでた。

 

別名「だらだら祭り」ってだけあって、全行程約3kmの距離を5時間もかかっての渡御。

夕方になってやや涼しくなったものの、暑い中で熱い集団について行った。

 

千葉神社の前の国道を反対側にある小さい社「香取神社」で神輿の鳳凰を取り去った。

なぜだろうと思っていたが、これは後でわかった。

一気に国道へ出て、千葉神社の境内へなだれ込む。待ち構えていた群衆と一体化して異常な熱気があたりを包み込む。

神輿はそのまま社殿へ入る。

大きな社殿であったし、担われたままの神輿がそのまま入ってしまったのにはびっくりしたが、さすがに神輿の屋根に添えられた鳳凰を残しては入れないようだ。

もうあたりは暗くなった。

わずか半日のことだが、長い神事が終わった。

 


  


続きを読む


タグ:祭り
nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

再会 新旧の砕氷船しらせ 船橋港 [イベント]

砕氷船しらせ-01.jpg

再会 新旧の砕氷船しらせ 船橋港

 

 知らなかったが、旧しらせが船橋港に係留されて、公開されているようだ。いつからなのか調べていないのでわからないが、以前サッポロビールの工場、ジンギスカンレストランに行ったことがあったが、しらせが係留されていたら、分かったと思うがその時はなかったと思う。

 

その旧しらせ(SHIRASE5002)に現しらせが入港し6年ぶりの再会となった。

それを記念して8月19日、20の両日イベントが行われた。

 

以前に南極砕氷船 宗谷を見たことがあったが、同じオレンジ色の船体だが小さかったと記憶している。

今回のしらせは見上げると首筋がつってしまうほどの大型船だ。

船内見学も用意されているが、常時係留の旧しらせはいつもと同じように乗船には料金が必要。

船内の見学には、上下階への移動は全て階段。それも狭いため、一方通行になっていた。

おいらのようなお年寄りには、いい運動になるとはいえ、ちょっと辛いかも。

2隻のしらせの見学コースをくまなく見て回って、小腹が空いたので、下船して軒を連ねた屋台のうち、船橋三番瀬 ホンビノス貝のフライをいただいた。

これ以前にも食べて気に入っていた。

船橋市は市制80年だという。

 

会場内は迷彩服を着た自衛隊員が大勢いたのに違和感があったが、しらせの運用は海上自衛隊が担当しているという。

今度、しらせは24日から10月5日まで訓練のため国内を巡航して、11月12日に南極航海へ旅立つという。


  


続きを読む


nice!(36)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

検見川神社 例祭 [祭り]

検見川神社例祭-01.jpg

検見川神社 例祭

 

 梅雨明け宣言があってからの梅雨入り?の方がさらに梅雨らしい天候で、蒸し暑いだけで気が滅入ってしまう、どんよりと低い空の下で、検見川神社のクライマックス、宮入りの日となった。

日が落ちて、涼しくなったかって聞かれるとそうでもないと思うけど、多くの人が参道的道路上に溢れてきた。

いつものように沿道には屋台が隙間なく並んで、どこも繁盛しているようだ。

あまりの人の多さで、神輿の場所まで行き着くのが難しい。

 

定刻午後8時になって、多くの人で通行もままならない道を検見川神社へ向け神輿はスタートを切った。

途中何回も神輿もみあげが行われ、掛け声、拍手などが送られた。

 

京成電鉄千葉線の踏切を渡ったところが神社だ。

この踏切の千葉よりすぐに検見川駅があって、電車の速度が遅くなるために、踏切のしまっている時間がやや長い。

神輿の大集団をどの時点で踏切を渡らせるのか、鉄道関係者と警察官、祭り関係者が協議している。

踏切前で上り下りの電車が一旦停車するのは初めてみた。

 

無事渡り終わったところで、神輿を頭上まで押し上げてのもみあげが何回が繰り返される。いよいよクライマックス開始。

 

次に神社境内に続く、急な石段を神輿を押し上げるための待機している舁夫(かきふ)にバトンタッチ。

大きな掛け声とともに1〜2段づつ押し上げてゆく。

 

境内に押し上げられた神輿は祭りの終わりを惜しむかのように、所狭しともみあげが行われる。

ケヤキの大木の枝先に届くように、お気負いをつけて天に投げるもみあげは、枝打ちが行われたためにさすがに高くなった枝まで届かないのか行われることはなかった。

 

途中パラっと雨が降ってこともあったが、感激するほどエネルギッシュなパワーに接して疲れを忘れるようないい祭りだった。

 


  


続きを読む


タグ:祭り
nice!(36)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感