So-net無料ブログ作成
検索選択

続)ハス祭り觀蓮会 しらさぎ公園 [祭り]

しらさぎ公園-01.jpg

続)ハス祭り観覧会 しらさぎ公園

 

 前記事での觀蓮会では、残念なことに肝心の大賀ハスが盛りを過ぎて花を観ることができなかった。

現場のボランティアの方々が揃っていうことには、「この会場から徒歩圏内のしらさぎ公園では大賀ハスの見事な花が観られますよ」って言うモンだから、しらさぎ公園って行ったことはなかったけど、行ってみることにして、会場を後にした。

 

しらさぎ公園は、千葉市の花見川区役所の北側の瑞穂小学校を挟んだところに位置している。

野球場などもある大きな公園だった。

入り口を入るとすぐに蓮池があった。

言われたように大賀ハスが咲いていた。

綺麗に整備され、手入れも行き届いた綺麗な蓮池だ。

觀蓮会の会場と違って、こっちは人もまばらで心ゆくまでゆっくり写真が撮れる。

 


  


続きを読む


タグ:
nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花園ハス祭り觀蓮会 2017 [祭り]

花園観蓮会-01.jpg

花園ハス祭り觀蓮会 2017

 

 今年は力の入れようが違うのか、いろいろな変化が見てとれた。

まずは開催を知らせるリーフレットの配布。(今まではリーフレットなど見たことがなかった。おいらは、このリーフレットから開催予告を知った)

次に、昨年までは、1日だけの開催だったが、今年に限っては、3日間も連続して開催するという。

さらに、開催初日のことだが、千葉市長が来場したらしい。

また、数々のゆるキャラも来場して人気をさらっていた。

 

こんなこと記憶の限りではなかったことだ。

 

残念ながら、肝心の大賀ハス(正式名は「検見川の大賀蓮」)は開花の状態が良くなかった。会場のボランティアの方の説明では、すでに開花のピークは過ぎてしまったということだ。

小さい蕾が数個残っていた。

 

今年は朝5時台に出かけて、6時前に会場に入った。 気合い入れたんだ。

太陽の光は、まだ低くて、しかし肌を刺すようにエネルギッシュでとても暑かった。

多くのカメラマンが一眼に長いレンズを装着して、それぞれ花を狙っていた。

 

そんなところは避けて、花蓮ガイドツアーの参列に参加して、うんちくを学んだ。

聞けば聞くほど、奇跡の蓮だと認識を深くした。

 

「検見川の大賀蓮」は

1951年(昭和26)古蓮の実発掘(おおよそ2000年前の地層から3粒を発掘、発芽実験の結果2粒は発芽したがその後枯死し1粒が生育し花を咲かせた=このことから世界最古の花とされている)

1952年(昭和27)7月18日 開花

1954年(昭和29)3月31日 千葉県天然記念物に指定

1993年(平成5)「千葉市の花」に指定

 

1951年(昭和26)千葉県検見川(現・千葉市花見川区朝日ケ丘町)にある東京大学検見川厚生農場(現・東京大学総合運動場)の落合遺跡で発掘された、今から2000年以上前の古代のハスの実から発芽・開花したハスである。

また、発掘の地で、のちの東京オリンピック(1964年)で10月15日に近代五種競技の1種目「クロスカントリー(4000m)」が行われた。(知らなかったよ)

 

 

先月の千葉公園での大賀ハスまつりと違って、ここでは大賀ハス以外に色々なハスが小さなマスに所狭しと植えられていて、目を楽しませてくれる。

また、この地が木立に囲まれていて自然豊かであり、人の出入りも少ないので昆虫の種類も豊富に見える。

 

とてもいい半日を過ごさせてもらった。


  


続きを読む


タグ: イベント
nice!(32)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢いっぱいの町 真砂花壇作りの会 検見川浜のオアシス [散歩]

夢いっぱいの町真砂花壇作りの会-0000.jpg

夢いっぱいの町 真砂花壇作りの会 検見川浜のオアシス

 

 たまたま通りがかった沿道に人だかりの花壇があった。

それぞれに足元や頭上の花にカメラを向けていた。

ここは、JR京葉線 検見川浜駅からほど近い場所。

 

後日、忘れないようにと行ってみた。平日朝の通勤時間帯か、急ぎ足で通り過ぎる人は無関心か、「何だこのおっさん暇そうだな」って横目で見ながら通り過ぎてゆく。

暇そうなおっさんだけど、ここの花たちは優しく迎えてくれた。

 

「夢いっぱいの町真砂花壇作りの会」は、千葉市美浜区の市民ボランティアの活動で、23年の活動実績があるという。

この花壇は、県企業庁の土地約500平方メートルを借りて、荒地から土作りから始めたという。

これよりさらに北側の真砂中央公園にも美しい花壇を見ることができるが、この会のものではないのかと想像している。

 

今のこの季節で一番の人気は、「世界三大花木」のひとつにも数えられているというジャカランダ。

最初見かけたときはたくさんの花をたたえていたが、行く時期がちょっと遅れたのか、花は少しだけ。

会員の皆さまの努力の成果に感謝しつつ、来年は最盛期を狙いたいなと思った次第です。

 


  


続きを読む


タグ:
nice!(40)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感