So-net無料ブログ作成

実籾本郷公園内 鴇田(ときた)家住宅 [建物]

旧鴇田家住宅-01.jpg

鴇田家住宅 千葉県指定有形文化財

 

 むかしは、農業を営む家族が多く、大きな茅葺き屋根の旧家もそれほど珍しくもなく見ることができた。

窓が少なく、暗い感じだが自然に寄り添った姿が好きだった。

いま、このような建物を見ることは少なくなり、ましてや家屋内を見るとなると特別な施設に出向かないといけない。

ネット内をぶらぶらしていたら、こんな建屋が公開されていることを知った。

 

それは、実籾本郷公園(千葉県習志野市)にあった。

近くの街道は何回も行き来したが、公園の存在は知らなかった。

 

公園に到着すると建物はすぐに見つかった。

ワクワクしてきた。

大きな家だ。

 

平日の昼ごろであったので、誰もいない中を見て回った。

手入れの行き届いた美しいもので、今すぐにも住めそうなところだ。

 

この建物はリーフレットによると

平成17年(2005)3月29日千葉県指定有形文化財指定

旧鴇田家住宅は、享保12年(1727)から翌13年にかけて東金(御成=おなり)街道沿いに建築され。江戸時代に実籾村の名主をつとめた鴇田家の住宅として、平成3年(1991)まで使用されていました。平成12年10月にはほぼ建築当初の姿で移築復原され、同年11月に開館しました。

L字型に曲がった母屋は、かつて東北地方に多く分布していた「曲屋」であり、東関東ではきわめて珍しい建築様式です。また、この住宅は、身分の高い人が来訪した時に使う「玄関」や、その供の者が待機した「供待ち部屋」、江戸時代の民家としては貴重な客便所など、名主の家にふさわしい特色を伝えています。

「土間」では民具を展示し、午前中はかまどで火を焚いております。

主庭「上宿庭(じょうじゅくてい)」では、水琴窟が奏でる安らぎの音色と、四季を彩るイロハモミジやロウバイ、サンシュユなどの植物をお楽しみいただけます。

 

公園内には大きな池があって、長いレンズとカメラを持った方がいたので、カワセミですかって聞いた。

そんなんだが、最近は出ていないということだった。

池の中から小さい止まり木が出ていていかにもカワセミが止まりそうだった。

また公園に隣接する田んぼには、ほたる野なるものもあって自然を近い存在として感じられるいいところだった。

色々な季節に再訪したいと思った。

 



 

続きを読む


タグ:歴史 建物
nice!(37)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

祝)加曽利貝塚 特別史跡へ [加曽利貝塚]

加曽利貝塚特別史跡-01.jpg

祝)加曽利貝塚 特別史跡へ

 

 2017年6月16日に国の文化審議会が開かれ、最近テレビの露出が急激に増えた松野文部科学大臣に加曽利貝塚の特別史跡が答申されたということで、ほぼ特別史跡に指定されることになったとのニュースに接し嬉しい限りだ。(正式には今秋だとのことでした)

と言ってもおいらは、本件についての関係者でもなければ尽力したわけでもない。

時々加曽利貝塚に通って、加曽利貝塚土器づくり同好会の活動を通じて縄文文化に接してきただけだ。

それだけなんだが、自分のことのように喜ばしい。

 

今まで加曽利貝塚では「加曽利貝塚を特別史跡に」というディスプレイがあちこちに掲げられ、特別史跡への指定が祈願であった様子が伺えた。

それが、「加曽利貝塚が特別史跡へ」となったわけだ。

 

正式決定を見れば貝塚としては特別史跡は初めてだという。

 

ところで特別史跡って?

文化財保護法で指定する史跡で、特に価値の高いと認められるもので、国宝と同等っていうからすごい。

 

 

これから、この加曽利貝塚がどう変化していくか楽しみだし、楽しんで見ていきたい。

 

それで、翌日の17日に早速どんな変化があるか見に行って見た。

 

ボランティアのガイドの方が人出が明らかに多くなったとおっしゃっていた。

博物館を見て、復原住居へ行ってイボキサゴのスープをいただいて、早めの帰宅についた。

 

 



 

続きを読む


タグ:加曽利貝塚
nice!(33)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山陽メディアフラワーミュージアムのローズ [イベント]

RoseFair_山陽メディアフラワーミュージアム-01.jpg

山陽メディアフラワーミュージアムのローズ

 

 普段はローズなんぞの高貴な花にはとんと縁がなく、どっちかっていうとロース肉の方が馴染みがある。

 

ところが、前回、千葉市美浜区のこのミュージアムの植物たちにお会いしてからというもの、動かない植物もなかなかいいもんじゃないかって思いだした。

もちろん歳のせいも大いに影響しているんだろうが。

 

あの時(2月末)にはローズなんぞ咲いていなかったが、ローズガーデンがあるんだと知ったので、いつ咲くんだろうかと気にしていたところ、5月23日〜6月4日までの期間に「Rose Fair」を開催するということで、出かけてみた。

 

オフィシャルサイトのご案内には次のように書かれていた。

イングリッシュローズを中心に、クラシカルなバラと草花のハーモニーが美しい「バラの小径(こみち)」、芸術家の名を冠したバラを集めた「バラの美術館」、色別に集めた「バラの海」などテーマに合わせて植栽したバラと共に宿根草などがたくさん咲いています。
 またアトリウム内では、緑の中のウエディングをテーマにした“ジューンブライドガーデン”を展開しています。白を基調とした美しい花々がいっぱいのガーデンを是非ご鑑賞ください。

 

ゴージャスな薔薇を見せていただいて、ベンチに掛けてロイヤルミルクティーとシフォンケーキなどいただいたら最高かなって思った。どうしても花より団子になってしまうなぁ。

 

写真は薔薇の品種はわからないので、色別にしてみました。

薔薇以外にも興味深い花があったので、これも羅列いたします。

 

 



 

続きを読む


nice!(30)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

視察船「新東京丸」乗船 そして東京湾視察 [イベント]

視察船新東京丸乗船_竹芝桟橋-01.jpg

視察船「新東京丸」乗船 そして東京湾視察

 

 このところ、東京都にまつわる話題に事欠かない。

東京オリンピック、豊洲・築地市場、都議選など、それに加えて前知事が新聞のインタビューに応えた記事が掲載され、その知事時代にイタリアのメーカーに発注したという超豪華クルーザーなどなど。

 

先月だったか、テレビでこのニュースが取り上げられた。

その番組によると、そもそもは現在の視察船 「新東京丸」の老朽化から新造船をということだったようだ。

 

来るべき東京オリンピックに向けて、羽田に降り立った訪日のVIPを豪華クルーザーに招待し、東京湾を航行して浜離宮に乗り付けて、庭園内に建設する迎賓館(『延遼館(えんりょうかん)』を復元し、歴史的文化遺産を次世代に継承するとともに国内外から訪れる人をおもてなしする迎賓施設としても活用)に招待。

それこそ「お・も・て・な・し」といいう構想だったようだ。

 

そのニュースの中で、老朽化しつつある新東京丸と、その新東京丸で東京湾を視察名目で無料で一般に解放していることを知った。

無料というとじっとしていられない。

ネットで空きを確認して申し込みました。<「視察船 新東京丸」利用案内>

念のために申し上げると、視察といっても双眼鏡や地図を持参して怪しい行動をするわけではありません。

船内では担当の方から、それぞれの地点で解説を聞きながらガッテンと納得することになります。

 

 

いつものおじさん3人組は浜松町駅に降り立って、歩道橋で山手線、京浜東北線の線路をまたいで竹芝桟橋方向へ向かう。

歩道橋から下に「旧芝離宮 恩賜庭園」の緑が目に飛び込む。

帰りに寄ろうかってことになったが、今日の行程は竹芝桟橋出航で青海帰港なんだよね。

指定集合場所の竹芝小型船ターミナルへ。

 

いよいよ出船かって時間になって、本日は強風のため、「青海へ船がつけられない可能性があります。出てみないとわからない」、時間をおいて「波が高いのでコースを変更します。中央防波堤の外に出ないコースに変更します」っていうことになった。

 

出航すると確かに波が荒くて、窓にしぶきがかる。

海から眺める発展する東京臨海部を見るとあらためて凄さを感じる。

コースは短縮されてしまったが、おまけとして東京消防庁「水の消防ページェント」の放水の練習を遠くから眺められたので良しとしましょうかね。

 

青海には入れなかったので竹芝に帰ってこれた。

これによって、旧芝離宮恩賜庭園へ行けることになった。

周りを高層のビルに囲まれたせいなのか、風も弱くゆったりとした時間を楽しんだ。

 

 



 

続きを読む


nice!(42)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5月の加曽利貝塚 [加曽利貝塚]

may加曽利貝塚雉-01.jpg

5月の加曽利貝塚

 

 新緑も美しく、この5月が一年でもっとも良い季節なのかもしれない。(気温は高かった日が多かったけどね)

そういえば、キジも繁殖期を迎え、雄の鳴き声をあちこちで聴く。

時々、人も往来する公園内の道にも現れる。

「雉も鳴かずば撃たれまい」と言われる通り、昔からケンケンと表現される鳴き声(おいらにはケンケンとは聞こえないけど)と、そのあとの羽ばたきがなければ存在すらわからないだろう。

カメラを構えて近づくと飛び去るのではなく、およそ鳥らしからぬ走って逃げてゆく。

それが妙に可愛くて、ついつい追いかけたくなっちゃう。

それにしても、このような美しい中型の野鳥が身近にいるなんて嬉しくなってしまう。

 

このようないい季節に加曽利貝塚では「縄文まつり」が開催された。

公園内の道路にテントが張られ、出店では色々なものが販売されるのを見るのは、2回目である。

来園者が多数と見込まれることから、同好会としては旧大須賀家住宅内で土器づくりを見ていただいた。

 

また、市民土器づくり講座と称するイベントで縄文土器を作るイベントも開催された。

さらに博物館内には、同好会で作成した縄文土器が作品展として展示されている(今年2月に千葉市生涯学習センターで開催された作品展で展示した土器の一部を博物館の企画展示室で6月25日まで開催)

 

忙しい5月もそろそろ終わりだな。

 

 



 

続きを読む


nice!(57)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感