So-net無料ブログ作成
検索選択

ユネスコ無形文化遺産登録 佐原の山車行事 [祭り]

ユネスコ無形文化遺産登録記念-01.jpg

ユネスコ無形文化遺産登録 佐原の山車行事

 

 昨年、めでたく全国の代表的「山・鉾・屋台行事」が登場する祭り33が、世界の伝統文化を保護するユネスコの無形文化遺産の登録された。

これを受けて、ここ千葉県香取市佐原では4月29日、30日の両日に「ユネスコ無形文化遺産登録 記念祝賀山車曳き回し」が行われた。

特に29日は、夏祭りと秋祭りの山車24台が勢ぞろいし、特設会場(有料の桟敷設置)に一堂に会するという一大イベントが予定された。

 

残念ながら29日は断念して30日に行って見た。

当日はちょっと規模が小さくなって、山車9台が9つの町内をそれぞれ曳き廻し、15時からは小野川新宿岸に整列、その後それぞれがお囃子演奏、踊りを披露して、それぞれの地区に散っていく。

 

各山車の人形横には、「祝 ユネスコ無形文化遺産」の盾が誇らしく掲げられていた。

 

いつもより大勢の来場者が来たことは祭りを盛り上げる意味でとても良いことだが、狭い路地を大きな山車を曳き廻すので、くれぐれも不幸なことが起きないように祈りたい。

 

次は夏祭り。7月10日以降の金・土・日曜日。

さらに秋祭りは、10月第2土曜日を中日とする金・土・日曜日

 

 



 

続きを読む


nice!(44)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感