So-net無料ブログ作成

桜の名所 上野恩賜公園 [博物館]

東京国立博物館庭園開放_アメ横-01.jpg


桜の名所 上野恩賜公園

 

 東京国立博物館の春の庭園開放(2017年3月14日〜5月7日)っていうのがあるって知ったので、是非とも見に行きたいということで出かけて見た。

何回か東京国立博物館へは行ったが、庭園には入れなくて残念に思ったことを思い出した。

春と秋の2シーズンに開放するということがわかった。

 

いつもの3人おじさん組は、どこかに集合場所を決めて、食事した後に庭園の散策に出かけようってことになった。

路上の靴磨きに興味があるという一人に合わせて、靴磨きが居るかもってことで、集合場所を山手線の御徒町に決め、靴磨きを見た後、アメ横を通ってどこかで食事して、上野恩賜公園の桜並木を見物しながら東京国立博物館へ入館しようって目論見。

 

いつものことだが、混雑を避けるため平日の計画。

アメ横もなぜこんなに混んでいるって理解できないほどの混雑ぶり。外国人観光客が目立つ。

混雑は外国人観光客だったんだ。そういうことだった。いいんじゃない。

上野恩賜公園はさらに混雑しているが、これは満開の桜を目にすれば理解できる。

ここも外国人観光客が多いね。

この行列の流れにのってゆっくりと進んでいく。

 

桜の並木が途切れると途端に空くから不思議。当たり前か。

 

 

大噴水は昔はもっと大きかったんじゃないかなどとか言いながら、春めいた空気を満喫しながら先を進む。

東京国立博物館までくると先ほどの人熱もなくなって余裕も生まれる。

入館は70歳からは無料だということだが、入館料を支払って入館。(まだ若いね)

 

本館と東洋館の間をすり抜けて、庭園へ入ると別世界に迷い込んだようだ。

まずは満開の桜が出迎えてくれる。

 

明らかに品種の違う幾つかの桜、いずれも満開だ。

 

桜の根元で飲み食いできないが、博物館内の歴史的文化財も鑑賞できたし、とても満足できた1日だった。

 

あっ、靴磨きには出会えなかった。今は路上で開業することはできないらしい。

 





 




続きを読む


nice!(33)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感