So-net無料ブログ作成
検索選択

山陽メディア フラワーミュージアム [美術館]

山陽メディアフラワーミュージアム-01.jpg
前庭の四季彩花壇には20周年を祝う20の文字が。。


山陽メディア フラワーミュージアム

 

 かつては花の美術館って名だったような記憶があったが、いつの日か名が変わったようだ。命名権を千葉市が公募したものだと思う。

 

この山陽メディア フラワーミュージアムが開館20周年の記念企画の一環で3月31日までの間、入館料が無料だそうだ。(65歳を超える者は無料なので、おいらはもちろん対象者でいつでも無料)

20年の間、存在は知っていたが、一度も訪れたことのなかったが、この機会に行ってみようと出かけて見た。

 

植物に囲まれた環境でゆっくりと過ごすのも中かな心地よいではないか。

近場にいいところ見っけと思った。

 

ところでこの周りの公園には猫がいっぱい。

あちこちに餌やるなって書いてある。

ノーラの猫も生き生きと生活しているようだった。

 

*うちでは家庭内で飼われていない猫たちを野良でなく「ノーラ」って呼んでいた。





 




続きを読む


nice!(36)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かつうらビッグひな祭り2017 [祭り]

かつうらビッグひな祭り2017_勝浦担々麺-00.jpg



かつうらビッグひな祭り2017

 

 さいきん、B1グランプリの料理がテレビなどで紹介されることが目立って多くなった。

勝浦(千葉県勝浦市)は、漁業の町。カツオやマグロで有名なれど、このところではタンタン麺も負けていない。

こんな風に疎いおいらだけど、当日も日が暮れるとズンと冷えて来て、ここはタンタン麺に挑戦かって言うことで、初めて食べてみた。

 

ごまペーストのタンタン麺でなく、醤油ベースのラーメンにラー油が加わったようなあっさり系だった。

おいらの好みは食べ慣れたごまペースト系がいいかも。

辛味が得意でないので、ごまの油分と若干の甘さが辛味をうまくカバーしてくれる一般的なタンタン麺の方が食べ易いと思った。

 

 

話を本題に戻して、と言っても簡単で、昨年に次いで今年もまた、かつうらビッグひな祭りへ行ってきました。

 

この祭りは、徳島県勝浦郡勝浦町において開催されていたものが最初で、「勝浦」という地名が共通することから全国勝浦ネットワークを結んで、千葉県勝浦市では2001年より「かつうらビッグひな祭り」、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町ではビッグひなめぐりをメインイベントとする「南紀勝浦ひなめぐり」が開催されているという。

 

 

ビッグひな祭りの名の示すように、市内随所に3万体の雛人形が飾られているらしい。

3万体を全て見ることもできないが、面白そうなものの写真を羅列してみました。

 

 

 

 

 

 



 




続きを読む


nice!(42)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

土偶雛展示中 今も(3月31日まで) [博物館]

加曽利貝塚博物館_土偶雛-01.jpg



土偶雛展示中 今も(3月31日まで)

 

 最近の雛飾りは、7段飾りのような昔ながらのものは少なくなったとTVニュースでやっていたのを思い出す。

日本で主流になっているウサギ小屋では大きな段飾りは飾ることができないし、出し入れだって超多忙な人々にとっては大変な手間だろう。

 

加曽利貝塚博物館で雛人形を土偶などに置き換えた段飾りを展示中だと言うことで観に行ってきた。

ところでこの辺りではひな祭りは3月3日で、この日を境にすぐに片付けないと嫁入りが遅れると言うことで、この時期まで展示しているのは珍しいと思う。

 

豪華な生地の着物をまとった雛人形と違って、土偶なのでちょっと地味だけれど、そこはご愛嬌。

このような展示形式がとてもいい。

 

(展示されている土偶などは、加曽利貝塚土器づくり同好会の会員により、縄文遺跡から出土したものの写真や資料などから製作したレプリカです)

 

 

毎年3月に開催して欲しいと思った。

 

 

展示は31日までで、まだ展示期間が残っているので、興味ある方は加曽利貝塚博物館まで。。

 

 

 


 

 


 



続きを読む


タグ:加曽利貝塚
nice!(36)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京国立近代美術館へ久しぶりに行く [美術館]

東京国立近代美術館_ラーメン横丁-01.jpg



東京国立近代美術館へ久しぶりに行く

 

 以前にも行ったことがあった、東京国立近代美術館の工芸館。 前回はこの建物が「重要文化財(建造物)旧近衛師団司令部庁舎」ということで出かけたので、工芸館がこの建物内にあるという認識がなかった。

前回も建物内部を見たので、美術展示品も見たんだろうが記憶がない。

弁解しておくと、建物と展示品のどちらかというと前者に重きを置いていたのでってことにしておきたい。

 

今回はもちろん「近代工芸と茶の湯Ⅱ」展示会が目的。

たまには美術工芸品を心ゆくまで鑑賞して、それでなくても心が乾燥気味の昨今、潤いを与えないとね。

 

最終日の2月19日に出かけてきた。

出かけるというといつもの3人のおじさん組みになるが、竹橋付近のランチ情報が不案内なので、東京駅改札で待ち合わせ場所に決めた。

 

地下街のラーメンストリートの「塩ラーメン専門 ひるがお」ってところで昼食。

どこも行列ができていて、比較的行列の長さが短かった。

最近は店舗の従業員は中国人を代表とする海外の人を多く見かけるようになった。

この店も外国人らしき人を見かけたが、友の一人はメキシコ系の人だと言っていた。

確かにそう言われれば。。

それにしても日本語うまいね。あっ、ラーメンも。

 

 

少しは腹ごなしになるんだろうか、ここから竹橋の美術館まで、皇居内を通らせていただいてゆっくりと春の日を浴びながらだらだらと。

 

おいらはお茶などという高尚な趣味は持ち合わせがないが、素晴らしいと思える逸品も数多くあって、とても良かった。

ゆっくりと流れる時間の中でお茶のある生活ができたらと思ったりもするが無理だろうなぁ。

 

 

帰り道も皇居内の花を愛でながら、とても素晴らしい半日を過ごせました。

まぁ、この辺がいいところなんだろうな。

 

 

 


 

 


 



続きを読む


タグ: 散歩 博物館
nice!(39)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CP+2017 プラス横浜散策 [散歩]

CP+2017_CameraMusium-00.jpg
CP+2017の一コマ
いつものようにCamera Museumで昔懐かしいCamera達に再会?



CP+2017 プラス横浜散策

 

 時の経過速度を語ると、いつも同じ。「加速度的に速くなった。速すぎる」って言うことになる。というように、いつも同じフレーズになっちゃう。

 

2017年も、もう3月。早い。

 

今年になって風邪をこじらせ(歳とったことで体力がなくなっただけかも)、年が明けてからここまで、3分の1くらいは風邪ひいていたのかもしれない。

年取ってからの残り少ない貴重な時間を失ってしまった。

 

 

前記事で幕張の浜の対岸には横浜のみなとみらいらしき建物が見えたが、そのみなとみらいのパシフィコ横浜で「CP+2017」が始まった。

ここ何年か、このカメラ展で特に目当ての新商品やイベントがあるわけでもないが、強いて言えば横浜だからくらいで出かけている。

 

 

パソコンを介してプロとアマの境目が曖昧になったように感じている。

そうでなくとも写真はその境目が昔から近かったように感じていた。

カメラがデジタルになってその垣根がさらに低くなったかも。

でも、深く突き詰めて行くとそれはそれで、やはりあるんだ高い壁。

 

 

話を戻してCP+2017での様子。

いつものようにCamera Museumに行くと、今回のテーマはムービーカメラや3Dカメラ、ステレオカメラなどが展示されていた。

ムービーカメラは8mmもあったけど、大半がプロ仕様の16mmだ。

当時のニュース番組などでたまたま映ったアリフレックスはいかにもプロ仕様って印象で見るだけでも楽しかった。

それが、ガラスケースの向こうにあった。

懐かしいなぁ。

 

その昔、ズームレンズが存在していない時のムービーカメラは異なる焦点距離のレンズを3本ほど円板状の板にマウントし、円板を回転させレンズを洗濯することで希望の画角を得ることができるターレット式ムービーカメラっていうのがあったっけ。

 

テレビ放映でズームレンズが多用されるようになって、ズームレンズっていう存在を知った。

その代表がフランスのレンズメーカーのアンジェニュー。

これも懐かしく拝見できた。

 

ところで、パソコンを使っている方はAdobe社の名を知っている方は多いと思う。

AdobeはCP+初出展ということだった。

ちょうどAdobe Photoshop Lightroomのデモをしていて多くの聴衆者を集めていた。

Adobe社のアプリは昔から使ってきたので、こんなところで見かけるとちょっと違和感もあったが、よく考えたら当然かも。

そういえば、マイクロソフトやマウスコンピュータなども出展していたな。

 

ところで、Camera Museumに鳩カメラっていうカメラの展示があった。

どうやって撮影ポイントやシャッタータイミングを決めたのかわからないが、昔から上空から俯瞰する撮影のニーズがあったのだろう。

それにしても鳩でないと、カメラを回収できないので仕方ないが、当の鳩にとっては迷惑だったかも。

それとも趣味の一環で喜んで協力していたか???

 

今はドローンがすごい機能を提供している。

ドローンメーカーのDJIが昨年は展示していたが、航空法だったかドローンの飛行規制の逆風の中でどうなっただろう。

あった、新製品でより飛行が安定して、コンパクトに折りたためるものまで出ていた。

 

会場内の熱気にのぼせたので、外の冷気にあたるため、パシフィコ横浜を出て海へ向かった。

みらいへって帆船が見えたので近寄ってみた。

帆船っていうと日本丸ってのもあったことを思い出して、川沿いにそちら方面へ向かった。

 

結構な疲労感を味わいながら帰途についた。

 

 

 


 

 


 



続きを読む


nice!(49)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感