So-net無料ブログ作成
検索選択

石神井公園駅前で待ち合わせ [イベント]

石神井公園駅前-01.jpg



石神井公園駅前で待ち合わせ

 

 むかしの仲間たちが集まって懐かしい話で花を咲かせる忘年会を開催してくださるという人からのお誘いを受けて、ありがたくご自宅までお伺いさせていただいた。

 

練馬区内のご自宅まで最寄駅の西武池袋線の石神井公園駅で、これまた懐かしい友の車でピックアップしていただくために待ち合わせ。

 

 

石神井公園駅からさらに反池袋方面に行った駅の近くに住んでいたので、身近な石神井公園駅は、小学生の頃は電車通学していたため(私立小学校なんて高貴なモンじゃなくて、団塊の世代は児童数が多すぎて越境入学している子がたくさんいたんだ。おいらはその一人ってこと)、石神井公園の駅前にあったたくあん工場(練馬はたくあんの材料の練馬大根の生産地)の独特の匂いや、線路を挟んで反対側にあった大きな石屋さんなどを覚えている。

小学校卒業後も最初は自転車で、次にバイクで通りかかった常に身近な存在だった。

 

遊びの場所でも三宝寺池の飲めそうなくらいの清く透き通った水や水鳥を見たり、ボート池ではセル瓶?でタナゴを採ったり、防空壕の中を探検したりと、子供にとって一級の遊び場を提供してもらっていた。

 

 

 

現在の石神井公園駅は西武池袋線が高架になったため、あの頃の駅前の雰囲気がなくなってしまった。

時間が早かったので、駅から公園までの商店街から懐かしいむかしを探したが、見つけることだできない。

考えてみたら、50年くらい前の街並みが残っているわけないよね。

坂を下る前にあったパチンコ屋を唯一見つけることができた。街中で偶然名も忘れちゃった友に偶然あったみたいな感覚だ。

 

 

駅前に戻ると見事に黄葉したイチョウの大木が目に入った。

近寄ってみると、根元に「石神井火車站之碑」なるものがあった。

昔からあったんだろうか。

帰ってから撮った写真を見てみると作られたのは、平成27年1月となっていた。

鉄道が高架になって駅が新造されてから作られたのかもしれない。

知らないはずだ。

 

待ち合わせの約束をした友とも無事に遭遇して忘年会へ。

楽しいむかし話やお料理で、あっと言う間にお開き。

楽しくて写真を撮るのをすっかり忘れていました。

 

みなさまありがとうございました。

 


 

 

 




続きを読む


タグ:イベント
nice!(49)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「土器製作研究の始まりー新井司郎の土器づくり」 加曽利貝塚博物館企画展 [加曽利貝塚]

新井司郎土器づくり-00.jpg



「土器製作研究の始まりー新井士郎の土器づくり」

 

 今では、加曽利貝塚土器づくり同好会のように土器づくりを楽しむ、あるいは研究している同好会のようなグループは各地にあるようだ。

そんな中で加曽利貝塚土器づくり同好会は老舗中の老舗だと言う。

 

それは、新井士郎氏の活動を抜きに語ることができない。

当時、縄文土器と言うのは貝塚などから破片を採取し、形状形式、縄文のつけ多々などから、歴史を検証する学術的研究の資料だったようだ。

新井氏はそんな中にあって、実際に土器づくりを実験的に行うことを通して、粘土の調整、成形の方法、乾燥、焼成の温度などだけでなく、土器を実際に使用することによって縄文期の生活などを掘り起こそうとした。

氏は、研究者ではなく画家だと言うから驚く。

その研究姿勢は本業の片手間に熱心に取り組んだと言うものでなく、人生の全てを傾注したということを聞いて、さらに驚いた。

 

現在、土器づくり同好会で調合された粘土を安価で手に入れ、作り、焼成して往時の縄文土器のレプリカを目指すが、技術や解釈の浅さからなかなか思い通りのものができない。

こんなとき、現代人の美的求心や完全なものを作る力量は明らかに退化しているように思ったりする。

 

短期のうちにそんなことを感じられたのは、失敗に失敗を重ねた苦労を介さない、軽薄なものかもしれない。

 

 

開催場所:加曽利貝塚博物館内企画展示室

「土器製作研究の始まりー新井士郎の土器づくり

 

期日:2017年1月29日まで

時間:9時から17時(入館は16時30分まで)

休館日:月曜日と祝日の翌日、年末年始(12月29日から1月3日)

 


 

 

 




続きを読む


タグ:加曽利貝塚
nice!(61)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お伊勢参りツアー(3) [観光情報]

伊勢神宮参り_内宮-11.jpg


お伊勢参りツアー(3)

 

 お伊勢参り、前記事で外宮へ参ったが続いて内宮。

外宮から内宮へはバスで移動。同じ伊勢神宮の社名だが、境内は独立して距離的にも離れている。

 

このツアーでのメインとなっている内宮参拝。時間もたっぷりと設定さてている。

有名な宇治橋を渡ることで、何か異次元の空間に入り込んだような気持ちになる。と言う設定だろうが、それにしても人の多さよ。

まずは正宮へと向かう。途中でこれも有名らしいが、五十鈴川御手洗場で汚れきったおいらの心身を浄めないと、手水舎でのそれと違って多量に流れる神が宿る川ではいつもより心が洗われる気持ちになる。

 

伊勢サミットでは、各国の首脳が正宮前の石段下で撮影されて写真を見たことがあったが、まさにその石段を登って厳かな身持ちでお参り。

この辺り一帯は撮影禁止。

不謹慎だが、撮影で神様が写っちゃうと大変なことになりそうだから?なんて考えちゃった。

外宮と同じように境内のあちこちには、八百万の神が祀られている。

ここ内宮は祭りの多さでも有名で、この日は神に食事を用意する恒例祭典に出くわした。

資料によれば、

日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)

日別朝夕大御饌祭は、朝と夕の二度、外宮の御饌殿みけでんで御飯、御水、御塩などを天照大御神に奉り、「国安かれ、民安かれ」との祈りと感謝を捧げるお祭りで、外宮の御鎮座以来、約1500年間つづけられています。

 

 

おそらく毎日の行事のようだ。

 

続いては、門前町というのであろうか、赤福で有名な赤福内宮前支店などがあるおはらい町とその先のおかげ横丁を散策。

赤福は上品な甘さでシンプルなお持ちで、お菓子類をあまり食べないおいらでも美味しくいただけるので好きな名物だが、そういう人が多いのか行列している。

どこの店もすごい活気がある。

街並みの作りも時代を感じることができて、ぶらぶら歩くのみとてもいい。

このあたりで昼食を摂らないとと思うけど、どの店も行列していて、気が短いのかこの行列に並ぶことが嫌いな同行者がいるので、途中からなるべく行列の人数の少ない店を探すことに専念してきた。

 

おいらはホテルの朝食で伊勢うどんを食べたが、昼も釜揚げ伊勢うどん。

 

内宮とこの街並みと美味しいもの探しで、いくら時間があっても足りないかも。

 

 


[三重お土産] 伊勢参道 福餅 (日本 国内 三重 土産)

 

[三重お土産] 伊勢参道 福餅 (日本 国内 三重 土産)

  • 出版社/メーカー: おみやげ宅配便
  • メディア: その他



 

 

 

日が低くなってきた頃、バスに乗車して伊勢神宮を後にしてツアーの資料によると鳥羽港に移動して、フェリーにバスこと乗船して<伊勢湾クルーズ(55分)>の船旅。

行き先は伊良湖港(このショートカットは時間的にももちろん距離的にもすごい効果があるらしい)。

バスのままフェリーに乗船するのは初めてだったが、バスが乗船するときはバスに乗車していて、フェリー内に入ると下車して船内で過ごす。と言っても一時間弱。

船内から船の行き来も陸地も見えるので、外を見ていてもそこそこ時間を潰せる。

 

伊良湖に到着前にバスに乗車してから下船。

夕方のちょっと渋滞気味の幹線道路を行くが、豊橋からの新幹線に間に合えばいいだけなので、気楽なもんだ。

新幹線の中での夕食用に弁当を仕入れて、一路東京へ。

盛りだくさんで楽しかった旅はこうして終わりました。


 

 

 




続きを読む


nice!(58)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お伊勢参りツアー(2) [観光情報]

伊勢神宮参り_日の出-01.jpg
昨晩遅くの到着だったので、ホテルの周りに何があるのか見ることもできなかったが、
海が望める風光明媚なロケーションであった。
あとで調べたら的矢湾
そして空がピンクに染まったかと思えば、みるみるうちに見事な太陽が昇って来た


お伊勢参りツアー(2)

 

 いよいよ今日は本命のお伊勢参り。ふだんは自然を感じ取ることも少なく、多くがテレビやパソコンの画面の世界に生きているかのような錯覚の中、信仰心のかけらもない?おいらが、いま更お伊勢参りもないモンだ。

っていう声も聞こえて来そうだが、とにかく初お伊勢参りを直前にしてワクワクして来た。

 

昨晩ホテルの大浴場で手足を伸ばしてゆっくりできたので、明日朝も入ろうぜ。っていうことで5時に起床。

風呂はそういう方々が結構いらっしゃる。

朝風呂の贅沢、ご来光との出会い、続いていつもよりずっと早い朝食。

身支度を整えて出発だ。今日もまた素晴らしい晴天。

いいことありそうだ。


 

 

 




続きを読む


nice!(55)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感