So-net無料ブログ作成

オーシャンドリーム号船内見学 [観光情報]

OceanDream_船内見学-01.jpg


オーシャンドリーム号 船内見学

 

   船旅って、時差の影響も少なくて理想的な感慨へ旅の手段らしいが、おいらの唯一の船旅といえば、フェリーで東京から北海道への旅を思い出す。

日本沿岸を航行していたのだろうが、船上からどの方向を見ても海ばかりの退屈さは我慢できないほどの気持ちで時間を持て余した。

 

そんな強烈な記憶があったモンだから船旅って、お金持ちが社交と食事を楽しみながら移動するタイタニック号の映画に出てくる一シーンを連想させ、美味しい食事はともかく、社交など苦手のおいらには無縁なものだった。

 

そうはいっても、大きな客船の優美な姿には憧れる。

いつもの友達から、大型旅客船の船内見学会があるということ、しかも横浜の大桟橋で・・・

とてもいいんじゃないでしょうかって、船内見学会を申し込むことにした。

 

 

大桟橋へはみなとみらい線の「日本大通り駅」から徒歩、すでに見学会を目指さんとするような人たちで溢れかえっていた。

客船の大きさはよく知らないが、3000人ほどが見学のために乗船するようだ。

乗客定員は1400人ほどというから船内もごった返していた。

 

 

当日配布された」オーシャンドリーム号各クラスキャビンご案内」という資料を見ると、11階のフロアーを有する大型客船で、当日は4階から11階の施設や一部の客室が解放されて見学できるようになっていた。

4階から下は、乗員、スタッフの居所や機関室などということになるのだろうか。

 

1981年にデンマークで建造されたとある。すでに35年経っている。そうしてみると古いを感じさせるところもあるが、全般的に清潔感があって綺麗だ。

 

総トン数:35,265トン、 全長;205メートルという。

 

これで世界一周クルーズの募集をしている。

船内の随所に相談カウンターがあって、申込者のための専用のサロンも用意されていた。

 

客室は収容人数とベッド、部屋の大きさ、シャワー、トイレの設備、窓の有る無しなどによって(14タイプ)クルーズの価格は異なる。

世界一周のクルーズ(104日間)で400万から130万円/1人くらい。

それ以外にも近場のクルーズもあるようです。

 

憧れの世界一周クルーズが割と近い存在にも見えてきた。かな?

体験乗船で我慢かな。

 

 

 

 

   


続きを読む


タグ:観光情報

AUTOMOBILE COUNCIL 2016 感激した!! [イベント]

AUTOMOBILE COUNCIL 2016_01.jpg


AUTOMOBILE COUNCIL 2016 見に行って感激した

 

   おいらが経験的に自動車のスタイリングに求めたい内容は単純だ。

それは、「空気と喧嘩しない。空気のような存在」ということ。

 

その理想に近いのはバイク(自動車じゃないけど)。空冷バイクは空気をうまく利用しているし、その冷却対象のエンジンも機能的なものも含めていいところにレイアウトされている。

 

カーブするときに車体を傾けるのは、空気とは直接関係ないが重力と遠心力をバランスさせるためのもの。

 

乗っていると感じる空気の圧力は速度が増すごとに相当なもので、ライダーの姿勢などを含めて空気の流れに逆らわない工夫がいる。

 

 

この発想から、先の自動車のスタイリングに求める内容がきているんだろう。

 

だから最近の自動車のスタイリングには馴染めない。

 

素材の加工への性能が向上し、加工技術もアップした。

スタイリングにかかる制限要素は昔に比べると劇的に縮小しているんだろう。

 

最近のトレンドは、空気と喧嘩するような刺激的で挑戦的なスタイリングがトレンドなのか。

それでも全体がまとまっていればいい。

国産車の多くは、デザインエレメントの加工サンプルケースのようだ。

 

 

 

ある時、友人の一人から「あの名車」と出会う、一大イベント(AUTOMOBILE COUNCIL 2016)っていうのがあるよって、連絡があった。(2016年8月5日〜7日 幕張メッセ)

 

 

自動車にとって良き時代の名車を見てみたいと思って、おじさん3人組で出かけてみた。

会場の幕張メッセからモーターショーがなくなってどのくらい経ったんだろうか。

幕張メッセでのモーターショーは一回も行ったこともなかったし、逆にショーの期間中に皮肉ともとれる、車の渋滞で迷惑していたんだ。

行かなかった理由、見るだけの価値を見出せなかったのかも。

 

あの名車があるということで、見に行きたいと思ったのは何故なんだろうか。

おじさんの懐古趣味だけでもないと思うけど。

 

 

 

 

 

 

   


続きを読む


タグ:イベント

サンシャイン水族館 [博物館]

サンシャイン水族館_エントランス-01.jpg


サンシャイン水族館 池袋

 

   水族館といえば、ずっと以前のおいらの現役時代に仕事の関係で訪れた加工工場で、あの水族館に欠かせない水槽を形作るアクリルガラスを作っている現場を見る機会に恵まれた。

断面を見るとびっくりするほどの厚さで(水槽の容量と観察窓の面積によって変わる)、アクリルの板を板と板の間に液体のアクリルを流し込みながら規定の厚みにするという気の遠くなるような作業の繰り返しによって作り出されているのを知った。

これらはすべてオーダーメードで、最近の水族館ブームで海外への輸出を多いという。

 

 

でも、このアクリルガラスは水族館では無の存在だ。

曇りや濁りがないように作ることは勿論だけど、表面の凸凹も手作業の研磨によって綺麗にしていく、凸凹があると光が部分的に歪むからだ。

 

誰もが、水槽内の魚類の優雅な泳ぎや美しい色などを愛でるが、自分とその対象との間に存在するアクリルガラスは見ることはないだろう。

 

 

水族館へはずいぶんご無沙汰だ。

おいらは基本的に水や空気の中で体形を進化させてきた動物が好き。

洗練され機能的なそれはデザインの参考に十分なりうるものだ。

かわいいとかかっこいいとは次元が違うものがある。

 

もちろん自分の体形とは関係しないし食欲の対象としても無関係にしないと正しい観察はできない。

 

サンシャイン水族館ばかりではないと思うが、随所で小さなイベントが開催されていて、昔のように水槽内の魚類を観察するだけでなく、小さな子供からお年寄りまで飽きることなく楽しみながら知識や親しみなども養える。

これが、ビルの屋上にあるのがびっくりだが、それがまた楽しさを倍増しているようが。

 

 

 

 

 

 

   


続きを読む


タグ:観光情報

長柄横穴群(国指定史跡) [歴史散歩]

長柄横穴群資料館-17.jpg


長柄横穴群(ながらよこあなぐん)[千葉県長生郡長柄町]

 

   ときどき、「道の駅ながら」なんかに行くことがあって、この横穴群の存在は道の駅建物内の壁に写真が貼ってあったので知っていたが、興味はあったものの行く機会がなかった。

何かの折、近くまで来たので寄ってみようと思ったのが夕方近く。

 

田畑のあぜ道のような狭い道をクネクネ行くと開けた場所に冒頭の資料館(グレーの建物)が見えた。

実はこの写真はGoogleMapのストリートビューから拝借したものだ。

夕方近くて、暗くならないうちに横穴群を見たかったので、急いでいたので資料館の写真を撮り忘れていたんだ。

 

この地に行った後で驚いたのは、このストリートビューが車のすれ違いも不自由するような狭い道まで入り込んで見ることができたことだ。

 

 

ここからは「史跡長柄横穴群」(長柄町教育委員会)の資料から抜粋

【概要】

横穴墓は、500〜700年の古墳時代中期から後期にかけて九州から東北地方南部までつくられていた。

史跡長柄横穴群は、南北に広がる谷の東側丘陵と西側丘陵の東斜面にある。横穴墓は全て「高壇式(こうだんしき)」と呼ばれる玄室(げんしつ)が一段高くなる形態である。

横穴墓は、丘陵地の斜面に横に穴を掘ってお墓としたことから(よこあなぼ)と呼ばれている。

また、横穴墓は数基がまとまって分布し、横穴墓1基には、複数の遺体た安置されている。


【保存整備】

長柄町では国および県からの補助から平成8年度に考古学などの専門委員を委託し、保存整備の基本方針を計画。

平成22年度から史跡長柄横穴群資料館が開館しています。

 

 

資料館から背面の丘をたどる小道を行くと、横穴墓が次々と現れる。

それぞれに解説の表示板が立っているが、長時間風雨にさらされたか、判読しにくいものが多かったのが、ちょっと残念。

横穴墓の玄室を覗き込むことができるもの、完全に封鎖されて見ることができないものもある。

 

不思議な雰囲気の中に身を置くのもいいかもと思った。

 

 

 

 

 

 

   


続きを読む