So-net無料ブログ作成

山車特別曳き廻し(4月24日) 香取市合併10周年記念 [祭り]

山車特別曳き廻し-00.jpg
 
当日配布されていた案内のリーフレットの表紙をスキャンしました


香取市合併10周年記念 山車特別引き回し

 

  江戸優り「佐原の大祭」(国指定重要無形文化財)は、「夏祭り」(八坂神社祇園祭 山車10台 7月10日以降の金・土・日曜日の3日間)と「秋祭り」(諏訪神社秋祭り 山車15台 10月第2土曜日を中日とする金・土。日曜日)の2つの祭の総称だと書かれていた。(何回も通ったが今の今まで知りませんでした)

 

山車はそれぞでの祭で異なるものが使用されるので、すべての山車が一堂に会することはない。

 

昨年、佐原に行った折、街の人から記念行事として山車の特別引き回しがあるという噂を聞いた。

実現すれば、夏祭りの山車と秋祭りの山車が一堂に会すという。

めったにない機会だ。

 

いつかいつかと香取市のwebサイトをずっとチェックしていたが、なかなか公開情報が掲載されることはなかった。

 

諦めかけていたところ、掲載されていた「香取市合併10周年記念 山車特別引き回し」が・・・・。

 

でも予定を入れてしまった。

 

予定を午前中で切り上げ、飛んでいけば早い夕方から見ることができそうだ。

 

 

当日の 特別曳き廻しスケジュールは

11:15  山車(24台)香取街道に整列

12:25頃 山車巡行開始(24台)

16:50頃 山車(24台)小野川両岸に整列

18:00  灯入れ

18:15〜18:25 総踊り

18:30〜 代表砂切(忠敬橋付近)

19:30頃 各町曳き別れ

21:00  山車曳き廻し終了

 

24台の山車を同時に見ることはできないかったが、小野川両岸に整列する姿は、夏祭りでも秋祭りでも見ることができない貴重な体験ができた。

 

 

 

   


続きを読む


タグ:祭り
nice!(50)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

船橋市 海老川14橋巡りプラス桜 その2 [散歩]

海老川架橋巡り_富士見橋-34.jpg


船橋市 海老川14橋巡りプラス桜 その2

 

  街中を流れる海老川、市民の憩いの場となるように工夫され普段の散歩にもいいし、桜の咲く頃には桜の名所として花見にもってこいの工夫も十分。

たくさんの目的をもって多くの人が往来している。

小さい子供たちも、お年寄りも、ベビーカーを押している若い夫婦も、若い人も、団体で、一人で、多い思いの格好で、この場の空気を楽しみながら歩いている。座って花を愛でている。座ってアルコールを嗜んでいる。いいね自由で。

 

海老川の由来という記事を見つけたので転載する

 

市内の金杉にある御滝山金蔵寺内の湧水を源流に、船橋の中心市街地を流れる海老川。

この地を訪れた源頼朝にこの川で取れた海老を献上したという伝説が名称の由来ともいわれています。

 

 

前記事の続いて橋をめぐる小旅行

 

 

 

 


続きを読む


nice!(45)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

船橋市 海老川14橋巡りプラス桜 その1 [散歩]

海老川架橋巡り_ガイドマップ-001.jpg

海老川遊歩道にあった案内板をトレースした地図


船橋市 海老川14橋巡りプラス桜 その1

 

  東京湾に注ぎ込む河川の多くは大河で、その水源は関東平野を取り囲む山岳地域にあるというのが、おいらのイメージだったが、この海老川に関していえば、河口こそそれ相応に大きなものだが、全般的には小さな川で河口から上流までの経路は大半が遊歩道が整備されて、ゆっくりと歩いても踏破できる、異例の川かもしれない。

 

そういえば、最初に自分の一眼レフカメラを手にして(もちろんフィルムカメラ)何をテーマに写真を撮っていこうか色々考えた時期もあったっけ。

何か理屈っぽいけど、当時は「木」と「空と雲」そして「橋」なんかを考えていた。

その後、職場の同僚と出かけた蒸気機関車の追っかけにはまってしまって、ついつい初心を忘れていた。

そんなことがちょっと心の隅の方に残っていたのかもしれない。

 

船橋という地名も、この海老川(昔は現在の川幅より大きかったと聞いたが。。)橋がかけられず川幅いっぱいに船を浮かべて渡ったという故事からついた名だという。

 

 

海老川にかかる橋は、多くがテーマをもって高欄などに装飾的工夫があって楽しめる。

 

そんなことがわかってから、いつの日にか言ってみたいと思っていた。

 

4月のはじめの天気の良い日に出かけてみた。

 

(2回に分けて記事にしていきます)

 

 

 

 


続きを読む


タグ:散歩 花見
nice!(62)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国 上海・蘇州・無錫・千灯 4日間の旅(12) [観光情報]

上海_魯迅記念館-01.jpg



上海市 魯迅公園・上海魯迅紀念館(Luxun Gongyuan・Shanghai Luxun Jinianguan)

 いよいよこのツアーの最終日。最終日に至っても観光地巡りが組み込まれている。まさに盛りだくさん。

今日も晴天に恵まれた。この四日間は観光にふさわしい天気と気温だった。

普段の行いがいかに良いのか窺える。(もちろん、おいらを除いて、同行の二人の友人の話)

 

不勉強で「魯迅」という方がどういう人なのか知らなかったので、Webで調べて転載してみたい。(weblio辞書より)

 

(1881~1936) 中国の文学者。浙江省出身。本名は周樹人,字(あざな)は予才。初め日本に留学して医学を志したが,のち文学に転じた。「狂人日記」「阿 Q 正伝」など数々の小説・詩・散文を発表して社会悪の根源をえぐりだした。中国左翼作家連盟の中心として各派と激しく論争を展開。著作集「吶喊(とつかん)」「彷徨」「野草」など



魯迅公園の入り口にバスが停車して、ここから集合時間を知らされて、公園内を自由に散策することになった。

公園内はこれまた、中国の朝の景色「太極拳を舞う」が有名だが、ダンスをするグループ、太鼓や笛で舞うグループなどなど、どういう集団かわからないが、広場内を余すところなく思い思いに興じている。

すごく健康的じゃないか。

 

日本でも近所にこんなところがあれば、ダンスは?だが、太極拳なんかやってみたくなる。

 

公園内の一角に魯迅祈念館があり、無料で入館できる。

 

残念ながら予備知識がないのと日本語解説がないのと、時間もないのと、ってことで綺麗で静粛な館内を一巡して来たにすぎない。

 

集合時間になって、再びバスに乗車して浦東空港へ向かう。

 

搭乗手続きを完了して、早めに搭乗ゲート付近に移動してくつろいでいると友の一人が飛んできて、搭乗ゲートが変わったという。

血相変えて、早足で移動する。

アナウンスもあったんだろうが、聞こえなかったのか日本語でなかったのか。

 

搭乗はボーディングブリッジではなく、バスで移動してタラップでの利用だという。

その昔、「兼高かおる世界の旅」なるテレビ番組があって、PAN AM(パンアメリカン航空)だったかに搭乗するタイトルバックの映像がタラップを利用していたのを、飛行機独特の搭乗で、あのように搭乗潤んだって一種の憧れとともにぼっと見ていたのを思い出す。

最近はやりのLCAでは経費の低減を目的にタラップを利用することも多いと聞いたが。。。

 

いかにも飛行機に搭乗するっていう感覚を味合いながらシートに収まって、旅の思い出に浸りながら機内サービスのワインなどをいただいた。

 

 

 


続きを読む


nice!(39)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国 上海・蘇州・無錫・千灯 4日間の旅(11) [観光情報]

上海_新天地散策-01.jpg



上海市 新天地散策(Xintiandi) 

 新天地(しんてんち)は、上海でも人気の観光スポットだという。

1920~30年代建設の「石庫門住宅」 を旧フランス租界の街並み風に修復し、過去と現代が融合した空間になっている。その街にちょっと名の通った有名店や話題の店がたくさん集まっているところと言ったところでしょうか。

 

買い物や飲食を求めて来場する人はもとより。古い町並みをリニューアルした狭い路地を散策するためにも面白そうなところだ。

統一感を持ってよく整備された街づくりをしている。

 

日本でいうと、大規模開発によって出来上がったアウトレットモールみたいなところかな。

 

その中で、「ORENO」っていうレストランに目がいった。

日本では銀座あたりに数多く出店している立ち食いの高級店「俺の◯◯◯◯」っていう店の姉妹店。

高級で高価な料理を提供するレストランで、立ち食いによって客の回転を良くすることで利益を得ようとするビジネススタイルだ。

 

この店が中国に出店し、試行錯誤しながら開店までなんとか間に合ったと言うドキュメンタリー番組をテレビで観たことを思い出した。

番組の内容は、中国では食事の時に立ち食いへの嫌悪感があって、日本のスタイルをそのまま持ち込めない。

結局、座席のある従来型のテーブルと座席なしのものと2タイプを用意して、それぞれに価格差を設けたと言うことだったと記憶している。

 

その店(だったと思う)が目の前にあった。

結構繁盛しているように見えた。

日本語の「ORENO」で打って出る戦略もいいんじゃないだろうか。

 

 

街中は樹木が適当に配されていて綺麗だ。レンガ造りの建物もレンガ壁面を塗装?して一部のレンガをレンガ色で残し、ラインが通っているなど、プランナーやデザイナーが上手く融合してできた街ではないかと伺えた。

日本でもこのところ古いものを残して上手く融合させていく手法で街づくりがされているのを見る機会が増えてきたが、いいね。こういうの。

 

 

 

 

 


続きを読む


nice!(37)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国 上海・蘇州・無錫・千灯 4日間の旅(10) [美術館]

上海_上海博物館-01.jpg



上海市 上海博物館(Shanghai Bowuguan)(Shanghai Museum) 

 このツアーでは上海周辺の各地の観光スポットを巡ってきたが、いきなりアーティスティックになって「上海博物館」の美術品鑑賞。

これまで、ツアーで台湾での故宮博物院を見たけれど、その時は時間が少なくて、「単に行った」って程度で鑑賞したというレベルにはなかったような。

 

今回は微妙な、1時間と20分。

入館時に手荷物検査があるので、かなりの人数が並んでいる。

急ぐんですけどね。

と言っても、おとなしく並んで入館。

 

1階に大きなホールがあり、4階まで吹き抜けになっています。

ホールを囲んで外側には、テーマごとに区切られた展示室があります。

 

1階は「中国古代青銅館」、「中国古代彫刻館」が並びます。

2階は「中国古代陶磁器館」

3階は「中国歴史絵画館」、「中国歴史書法館」、「中国歴史印章館」

4階は「中国少数民族工芸館」、「中国古代玉器館」、「中国歴史貨幣館」、「中国明清家具館」など見所多数です。

他に1階南口付近のミュージアムショップは多数の美術レプリカが販売されています。

 

おいらは、人型、動物型の古代美術品が好きで、1階の展示室に入った瞬間、涙ぐんでしまうほど感激しました。

(歳くってくると一般的に涙もろくなるらしい)

 

他に感激したのは、入場無料、写真撮影可、多くの展示品がガラス張りでなく展示、混雑具合がちょうどいい。などなど。

祖先が創り上げた文化財を次の世代に昇華させるべく、広く一般に公開するなどという信念が感じられる。

こういうことの積み重ねが良い結果を生むことになるんだろうと思ったりした。

 

 

以前の台湾の故宮博物院の時の記憶から、上海博物館はあまり期待はしていなかったが、1日いても飽きないと思わせるほど、すごく良かった。

 

欠点?は、あまりに多くの文化財があり、さまよい歩いた結果、記憶にとどめることができないんだよね。

これは個人的な見解。 (歳くってくると一般的に記憶力が衰退してくる)

 

 

 

   


続きを読む


nice!(73)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感