So-net無料ブログ作成
検索選択

中国 上海・蘇州・無錫・千灯 4日間の旅(1) [観光情報]

上海ツアー_出発便-01.jpg
成田発 9:35 上海浦東空港行き JL-873便


中国 上海・蘇州・無錫・千灯 4日間の旅(1) 

 中国へは、2004年くらいから2014年くらいまで、10数回ほど出張で往復してきたが、その時の行き先は広東省広州市の工場地帯で観光とは無縁の地であった。

 

中国には数々の世界遺産をはじめ多くの有名な観光地があるのは知ってはいたが、それを目的として訪れることはなかった。

 

テレビや写真で見るそれらは、景色、寺院、民家などのすべては田舎を持たなかったおいらにとっては、癒されるような感覚をおぼえていた。

 


一方で、大気汚染や食品安全性などの負の情報も多い。

日本とは近い国でありながら、韓国・台湾、香港などの観光地に比べると人気のほどはどうなんだろうか。

(台湾・香港などは中国の一部ですが)

 

そんな中で、恒例になりつつある春の旅行を計画するにあたり、安価、盛りだくさん、食事付き、歴史的景観などなどの欲張りな条件を設定し、消去法で残ったのが、今回のツアーってことになったようだ。

 

3泊4日の中国の旅は、3月25日に始まった。

 

おおよその行程は以下のようになっている

3月25日

 ・成田〜上海浦東国際空港 (SHANGHAI PUDONG INTERNATIONAL AIRPORT)

 ・専用バスにて 千灯

 ・蘇州のホテル泊

3月26日

 ・ホテル〜無錫

  ・恵山古鎮

  ・清名橋

  ・南禅寺

 ・無錫〜蘇州

  ・ぐう園(世界遺産)

  ・京杭大運河(世界遺産)

  ・虎丘

  ・蘇州ホテル泊

3月27日

 ・ホテル〜上海

  ・M50創業園区 M50創意園区

  ・上海博物館

  ・新天地

  ・外灘

 ・上海ホテル泊

3月28日

 ・ホテル〜上海

  ・魯迅公園・魯迅記念館

 ・上海浦東国際空港〜成田


今後、いくつかに分けて記事にしていくつもりです。



 

   


続きを読む


nice!(47)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春になると旅したくなる? [散歩]

日比谷-日本橋_タニタ食堂-01.jpg
タニタ食堂


春になると旅したくなる? 

 恒例になりつつある、おじさん3名による春の旅。

恒例っていうのには、まだ3回目なので大げさな表現かもしれない。

そもそもはおいら達のように高齢になってくると、体力も心配だし、病気だって発症確率が高くなるし、大事な気力だっていつまで維持できるかわからない。

 

ってことで始まったんだけど、もっとも大切な原資(経済力)がないとダメですよね。

 

ということで、安いけれど、盛りだくさんのツアーを探すことずいぶんと粘りました。

 

この歳になっても、国内に限っても行ってないところ多いし、近年になっての新名所やリリューアルして話題になったなどの観光地も増えて、「行きたいな」ってところ多い。

 

海外って言ったら、それほど無数にあって金額面でフィルターにかけたって、なかなか見つからない。

 

テレビで世界遺産なんて番組を見ると、「そこ行きたいね」ってなっちゃう。

 

それで、決まったんだけど。

25日から出かけます。わずか3泊4日の旅。

 

3人の代表で申し込んでくれた友と日比谷で落ち合って旅行の書類などをもらう。

待ち合わせ場所は丸の内国際ビルディング地階の「タニタ食堂」

健康って言葉に弱いんだよね。

野菜たっぷりで、薄味で、食材の種類が多く、動物質もあって、玄米ご飯ってメニュー。

わかっていてもなかなか作って食べられないメニューだ。

 

ついでに、日比谷公園なんて散策しよう。それに日本橋で「日本橋 桜フェスティバル」やってるよってことでぶらぶらしながら小旅行。

 

やっぱ、春の旅はいいわ。。。

 

 

 

   


続きを読む


タグ:散歩
nice!(52)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

横浜みなとみらい21周辺を散策 [散歩]

横浜_パシフィコ横浜-01.jpg



横浜みなとみらい21周辺を散策 

 CP+  CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2016(パシフィコ横浜)を見に行った。

会場内は例年になく混んでいた。

ここ何年か連続して3回ほど訪れていたが、デジタルの進化は目をみはるものがある。

なんとなく目的もなく、会場内を周回しているが、35ミリフルサイズのイメージセンサーを備えたカメラが増えてきたという印象だ。

柔らかいレンズのボケが綺麗に再現されるばかりか、イメージセンサーの大きさは色々なメリットをもたらすらしい。

が、よく考えるとこれによってもたらされる高精細、高度の画像はどのように生かされるのであろうか。

 

 

一つの答えが  PHOTO HARBOUR  CP+ 2016にあった。

写真愛好家が自分の作品をパネルに掲げ、写真集などを希望者に販売しているケースだ。

個展などの財力を必要とするものより、より簡単に出展できるとしたら素晴らしいのではないか。

 

撮影会や撮影テクニック講習会などとともに拡張していくようなれば良いと感じられた。

 

 

ところで、この会場は横浜港大さん橋 国際客船ターミナルにあった。

パシフィコ横浜のメイン会場から無料シャトルバスで移動して、初めて大さん橋に足を踏み入れた。

ここはすごい。客船はあいにく接岸していなかったが、すごいところじゃないか。

 

結局、CP+はそこそこにして横浜を堪能することに切り替えた。

 

 

 

 

 

   


続きを読む


nice!(35)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

河津桜をあらためて見物に! [散歩]

ホテルスプリングス_川津桜-01.jpg
3月4日現在の写真



川津桜 川津桜をあらためて見物に! 

 前記事で懐かしいお二人に会えた。寒の戻りの季節外れの寒さもほっこりとした気持ちでカバーすることができたようだ。

 

もう一つ再会できたもの。川津桜 川津桜。(海浜幕張 ホテルスプリングス)

せっかく精一杯に開花しているのに、夕方でその美しさを十二分に楽しむことができなかった。

 

で、出直すことにした。

 

あの日から二日ほど後になって、花見に出かけた。

 

河津桜 川津桜 は花の寿命が長いのかね。

変わらず華やかさをさりげなく、それでおごることなく咲いていた。

 

カメラに収まりきらない美しさを堪能して、また来年かなって言って帰ることにした。

 

なぜかわからないけど、桜っていいね。

 

 

 

   


続きを読む


タグ:花見
nice!(39)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

むかしの仲間とお酒を楽しむ [雑感]

スプリングス河津桜-01.jpg
行灯の光で赤が強調された河津桜



むかしの仲間とお酒を楽しむ 

 いつも突然なんです。電話が鳴った。おいらの携帯電話は家族からしか着信のないのに、電話のディスプレーに懐かしい名前が。

現役のころ彼とは仕事で関係が続いた。

そればかりか、釣りなどで腕を競ったり(もちろんおいらの負け)釣りで福島、新潟の渓流に入ったりした。

その彼もSNSだとかで忙しく動き回っているのを知っているので、まさかお誘いがあるなんて。

意外だったが飲みに行こうとのお誘いだった。

 

 

隠居してから、ずいぶん長い時間が流れ去った。

仕事をしている時は、社会との関わりが今現在のものと明らかに異なる。

緊張感、駆け引き、先を読む、人を見る、そして何より大事な創作活動などいい悪いは置いといても、強要されたり、自発的に行動したりしてきた。

それが、組織の中にあって貢献する手段だと信じてきた。

 

 

だから、電話してくれた彼との関係もそんなことかもしれない。

違うかもしれない。

 

往時の微妙な感覚は100パーセント思い出せない。

時間と環境はどんどん流れている。

それで、記憶の渦から消え去っていく。

 

彼と、職場でおいらと共に仕事していた二人が来てくれるという。

嬉しいね。忘れ去られるおいらを思い出してくれて、ありがとう。

 

 

約束の待ち合わせ場所に向かった。

移動途中の海浜幕張のホテルスプリングスにあった河津桜はもう咲いているだろうか。

そう思いながら、カメラを持参した。

桜は満開だった。

懐かしい二人に会えると思うと心が明るくなった。

 

お二人とも、どうもありがとうございました。

 

 

   


続きを読む


タグ:花見
nice!(69)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京国立博物館 「始皇帝と大兵馬俑」すごかった [アート]

東京国立博物館_兵馬俑-01.jpg



東京国立博物館 「始皇帝と大兵馬俑」 すごかった 

 いつ頃だっただろうか、あの壮大な中国の遺跡「秦始皇帝陵と兵馬俑坑」をテレビか何かで見たのは。

特に坑の中に隙間のないように並んだ等身大の兵士の像は圧巻で、その画を忘れることができません。

 

「始皇帝と大兵馬俑展」(2015年10月27日〜2016年2月21日)が上野の東京国立博物館で開催されているのを知って、兵馬俑の実物が見たくて行ってきた。

(東京ではすでに会期は終了してしまいましたが、3月から福岡で7月からは大阪でも開催されるようです。)

 

とても人気が高く、入館時間前から行列ができていた。

 

 

今から約2200年前に中国の最初の統一王朝が建立され官僚による統制が行われたという。

「始皇帝」はその王朝を築いた国王が「最初の皇帝」という意味で名乗ったという。

「俑(よう)」は「人形(ひとがた)」の意味で、死者と共に埋葬されたもの。

兵馬俑は粘土で整形され、焼結され彩色されたとあるが、発掘と共に表面の彩色が剥がれ落ちるらしく、一部の俑を除いて、大半が土色になっている。

原寸大のそれはとても迫力があり、それでいてディテールも丁寧に作られて遠くからも近寄っても緊張感を持って見ることができる。

粘土が材料なので、素材の特性からか、手などがやや大きめにデフォルメされているようにも感じされたが、とにかくすごい。

 

この特別展の館内は写真撮影は禁止だが、館内の一部に記念写真のコーナーがあって、そこに置かれている兵馬俑は撮影可能(ただしストロボなどの発光は禁止)なのは、非常に嬉しい対応でした。

 

 

特別展のチケットで入館すると平成館での特別展のほか本館ほかでの常設展示場も見ることができるのも嬉しい。


その一つ「日本の美術」では古代から近世までの美術の編成を見ることができる。
こちらは、基本的には写真の撮影が許されている。

また、展示品だけでなく、建物自体も楽しめる。

あまりにも多くの楽しむ対象があったので、充実した時間を過ごせたのはいいが、この感激を忘れないようにしないといけないが、無理かなーーっ。

 

 

   


続きを読む


タグ: アート
nice!(52)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感