So-net無料ブログ作成

新竪穴式住居 見学会 その2 [加曽利貝塚]

新竪穴式住居見学会-2_骨組み-01.jpg
先週週の建設途中の竪穴式住所は丸太を組んだ状態だったが、
当日は竹を組んだものが追加されていた



新竪穴式住居 見学 その2 

 前記事に続いて加曽利貝塚で行われた「新竪穴式住居見学会 茅ぶきの説明、茅ぶきの疑似体験」を見学してきた。(2月21日)

先々週の工事中の新竪穴式住居はどんぐり、クヌギ系の丸太を組んだものだったが、当日のそれには竹が組まれており、それが茅ぶきの茅の固定材であることが後でわかった。

当日は曇がちで風が冷たく寒い日ではあったが、前回の見学会と同様に大勢の見学者が押し寄せた。

もちろん、多くが小学生や幼児のみなさんとその親御さん。


今回の見学会は茅ぶきの説明と茅ぶきの疑似体験。

茅(かや)という種類の植物があるのではなく、ススキのような細長い茎と葉を持った植物の総称だと今更ながら知りました。

今や茅ぶき屋などは観光地に出向かないと見ることもできなくなった。ましてや茅ぶきの屋根の葺き替えなんて、まず見ることないだろう。

茅ぶきを請け負う建設会社の社長と4名ほどの職人が紹介され、社長から茅ぶきについての説明があった。

茅ぶき職人のうち2名の方は70代以上の年齢だという。
でも、さすがに身のこなしも体の柔らかさも凄い。
そんなことを見ながら後継者が心配になった。


茅ぶき疑似体験は新竪穴式住居の横に屋根の一部を模して材木を組んだ場所を用意。
そこに体験を希望する子供達が並んで次々と茅を職人に手渡し、職人が屋根に貼り付けていく。

ある程度、茅の厚みができあがったところで、表面横方向に竹竿を渡し、大きな縫い針状の竹にまるで糸を通すようにワラ縄を通して、針状の竹を茅に突き刺す。(針には名称があるようでしたが、失念してしまいました)
屋根うら側にも職人がいて、通ってきたワラ縄を針穴から外して(ここで表の職人に合図して、針を抜いて再びちょっとずらして挿入)縦方向にある竹材にからめてからずらして入ってきた針穴にワラ縄を絡める。
針を抜いてきて裏側の縦の竹材と表においた横張りの竹材に挟み込むように茅をしっかり締め付けて固定する。
と言葉で書いてもわからないし、映像を見てもわかりづらい。
全ては職人同士のあうんの呼吸と、微妙な手加減なんだろう。

これを実際には屋根の斜面に乗って作業するのだと思うと凄いを通り越すほどのものだと関心しきり。

とても寒くなってきたので、年寄りは風邪引いてもつまらないので。退散することにした。

完成が楽しみだ。(3月の何日だったか落成式が行われるらしい)

 

 

   


続きを読む


タグ:イベント
nice!(74)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新竪穴式住居 見学会 [加曽利貝塚]

新竪穴式住居見学_ポスター00.jpg
千葉市観光ガイドサイトに掲載されている
ポスターを転載



新竪穴式住居 見学 

 縄文土器作品展観覧のため、千葉市生涯学習センターを訪れたさいに、センターの柱や壁に多くのイベントや展覧会などの告知ポスターなどがあった。
その中の一つがこれ、「新竪穴式住居 見学会」。

加曽利貝塚には、すでに2棟の竪穴式住居があるが、1棟は朽ち果てて傾いているような、最近の言葉で言うと空家。
加曽利貝塚のイベントでも中に入ることはできない。

もう1棟は、度々のイベントで中に入ることができる。
内部の中央部には「炉」があって薪がゆらゆらと燃えることで、癒しの空間に浸ることが可能だ。

もう1棟作って、朽ち果てたものを廃棄するのではないだろうか。

見学会の内容を見て、小学生向けかなとは思ったが、貴重な体験ができそうだということを期待して、出かけてみた。

おいらはおじさんだけど、たくさんの子供達とその親などに混じって参加させてもらった。

 

このイベントは、

1)柱組みの説明、石斧で木を切る体験(2月7日)

2)茅ぶきの説明、茅ぶきの疑似体験(2月21日) の2部構成になっている

 

まずは2月7日のレポートから

 

 

   


続きを読む


タグ:イベント
nice!(82)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SATOYAMAイズム! トークイベント [イベント]

SATOYAMAイズム_トークイベントこみなと稲毛ビル-011.jpg




SATOYAMAイズム! トークイベント 

   「ネットサーフィン」などという言葉、もう過去のものなのだろうか。

最近聞かなくなった。

ネット情報は入り口を叩くと、次々と際限なく求めれば求めるだけ情報を得ることができる。

そうして、世間が広くなったり、場合によっては狭くなったりするんだろうと思う。



おいらが少年の頃は、情報入手の媒体って言えば、少年週刊誌や雑誌、テレビと友達の口(媒体?)だったりした。

情報への入り口は提供されるが、その先へのルートはとても狭い。

だからって不便でどうしようもなかったっかというとそうでもない。

情報なんて多少脚色されるモンだと思うし、いくらあってももう十分だって言える状態にはならない。

逆を言うと、この状態では情報不足とも言い切れない。

要は捉える人の問題だと言いきれそうだ。



 そんな昔話はどうでもよくて、前記事で小湊鉄道・里見駅で紙媒体(チラシ)で出会った情報「里山トロッコ」が運転中断しているとのことを入り口にして、稲毛駅前にある「こみなと稲毛ビル」5F「こみなと稲毛ギャラリー」にて『SATOYAMAイズム!小湊鐵道のアートな楽しみ方』(1/19〜2/14)という企画展示会が開催中であることと、これに対応してのトークイベント(2/6)に開催されることを知った。



稲毛といえば、近場だしよく行ったところの一つだが、「こみなと稲毛ギャラリー」なんて施設があるなんて今の今まで知りませんでした。

 

 

 ギャラリーは小さい部屋だったのだが、入りきれないほどの入場者で溢れかえっていた。

座席も用意されていたのだが、立ち見の人の方が圧倒的に多く、冬のこの時期でもクーラーを入れているということが不自然に感じないほどの熱気に満ちていた。

 

トークは小湊鐵道株式會社代表取締役社長 石川晋平「里山トロッコ列車、出発!」と鉄道写真家 中井精也「鉄道写真家から見た里山鉄道」のお二方によるもので、とても興味深いものだった。

 

 

まずは社長 石川晋平氏のトークから

小湊鉄道沿線はまさに里山にふさわしい環境であるが、この資源をどう活用するか。

簡単なことではない。

小湊鉄道の一つの解は、「トロッコによって空気、環境(里山)を感じてもらう、味わってもらう」だということだ。

保線要員の移動乗用に仕立ててというバイクを改造したトロッコに社長があるとき乗車し、その里山の景色と線路上を風を感じて走ることの素晴らしさを感じたことから、ひらめいたという。


その延長上に「里山トロッコ」があるようだ。


社長の熱意を込めた説明、信じて疑わない信念は、強いリーダーシップを感じる。

 

 

500ピース のんびり旅列車 (小湊鉄道) (38cm×53cm、対応パネルNo.5-B)

500ピース のんびり旅列車 (小湊鉄道) (38cm×53cm、対応パネルNo.5-B)

  • 出版社/メーカー: やのまん
  • メディア: おもちゃ&ホビー






一方、鉄道写真家 中井精也氏のトークは写真もさることながら、その話術が絶妙でおもしい内容だった。

氏の言うには小湊鉄道とその沿線の景色は日本のローカル線だけでなく、海外でも新興国の鉄道も含めても、このような環境はないと言い切っている。


これも身近な当たり前の存在なんで、価値がみえないんだろうか。


小湊鐵道フォトさんぽ (ゆる鉄ガイド)

小湊鐵道フォトさんぽ (ゆる鉄ガイド)

  • 作者: 中井 精也
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2014/07/17
  • メディア: ムック





 




楽しいけど重い内容でした。


 

   


続きを読む


nice!(46)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

立春も過ぎたっていうのにクリスマスイルミネーションの話題 [イベント]

いちはらクオードの森_看板-01.jpg



いちはらクオードの森 クリスマスイルミネーション 

   早いもので年が明け、立春を迎えたというこの時期に季節に逆行するこんな話題で恐縮です。

まだ、暖かい冬が続いていた時期(昨年)、テレビは盛んに各地のイルミネーションの話題を振りまいていた。


「いちはらクオードの森」は観覧無料のイルミネーションの地でランキング上位を占めていた。

テレビで見てから、どんなもんか見に行きたいと思っていた。


なんといっても無料っていうのが最大の魅力。

それで、混雑を避けるということで、平日の明るい時に到着するように出かけてみた。


いちはらクオードの森 所在地市原市(市原市=どちらから読んでもいちはらし)は、千葉市の隣で近場であると甘く考えると、とんでもない。

市原市って結構広大な地域を包含しているので、思った以上に遠かった。

千葉って山らしい山ってないと認識していたが、山の中っていう感じだった。


そんな地理的条件からか、とても寒い。

田のような場所は氷がはっていた。夕方になっても解けないってこと?

 

まだ、イルミネーション点灯までは時間がある。

ドラム缶に薪をくべて焚き火が始まると、その場から離れたくなくなる。

無料で提供されるという「足湯」もあるということだが、薪をくべて沸かしているようだが、「入れますよ」っていう掛け声がない。

 

「そろそろですよ」って声がかかったので、現場に移動。

来場者の代表?が、みんなでカウントダウンに合わせて、スイッチオン。

一斉に点灯した歓声が上がった。見事だった。

 

 

   


続きを読む


nice!(74)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

撮影した写真にジオタグを埋め込む [イベント]

佐原駅-00.jpg
この写真のように場所が明らかなものはいいけど
写真によってはわからないものも多い
時間が経てば経つほどわからなくなる



撮影した写真にジオタグを埋め込む 

   写真がアートだとしたら、どこでいつ撮ったかの情報はあまり価値がないのかもしれない。

一方で撮った写真が記録という意味合いが強い場合は、いつどこで撮ったのか、どんなカメラで、カメラのセッテングはどうだったなどは記録の一部だと思う。

 

 

かし撮り溜めたネガフィルムを見て残念に思うのは、撮影日と撮影場所を特定できないのと、写っている人の名前がわからないことがあることだ。


特に位置情報は記憶に頼るしかないし、記憶も時間とともに曖昧になってくる。

最近の高機能デジカメやスマホでは、GPS機能を有していて写真を撮ると撮影ポイントの位置情報も記録するものがある。(ジオタグを付加)

 

かつてのフィルムカメラでは、絞り、シャッタースピード、カメラ、レンズ、撮影時間などの情報が撮影データとして記録できなかった。


もし記録しようとすると撮影のたびにメモをとらないといけなかった。


 

もう一度同じ場所を訪れて、比較写真など撮りたい(ごく稀に)と思っても、思い出せないと実現できない。

 

デジタル写真になって撮影と同時に、Exif情報というデータが写真データに埋め込まれる。


これって便利だ。


だけど、撮影ポイント(場所)も入っていると完璧なのに。ってことで幾つかの機種ではGPS機能を持ったものもある。

 

このような機能を有しない機種ではどうするか。

 


この実現のためには、スマホとの通信機能を使ってGPS情報を受け取ることで、カメラ側で埋め込みができたり、GPSロガーによって時間軸と移動の軌跡を記録して、撮影後の写真の時間と同期させるものなど、いろいろグッズやソフトが販売されているようだ。


でも、それほどでなくてもいいじゃないかっていうおいらみたいな人もいるんだろう。


 

GoogleMapを利用して写真にジオタグを埋め込みしてみた。

機材 Apple iMac  OS X El Capitan 10.11.3


ブラウザ Safari 9.0.3


写真ビューア 写真.app 1.3


(最近のAppleのアプリの名前は写真、メール、カレンダーなどのようにアプリの名を表しているかわからないことも。ってことで写真(Photo)と写真.appを使い分けます)

 

 

   


続きを読む


nice!(53)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さくらの山公園で飛行機三昧 [イベント]

さくらの山公園_成田空港-01.jpg



さくらの山公園で飛行機三昧 

   いつまでたっても子供の思考が抜けないのか、クラシカルな蒸気機関車もいいけど、最先端な航空機も魅力がある。

JR成田線で久しぶりの蒸気機関車の再会も嬉しかったが、なんせ1往復なので、蒸気機関車の撮影もリハビリ程度にとどまった。

佐原からの帰路途中に成田空港がある。ここで、飛行機も見物しようかって必然的になるね。

 

話はちょっと離れるが、テレビで大阪国際空港(伊丹空港)の撮影ポイント(千里川土手)での人生ドキュメンタリーを感動的に見た。

近所のおばちゃんやおじちゃんがそれとなく仕切って、それはそれは、とっても興味深い内容だった。

 

このポイントは、滑走路端に位置するところでランディング直前の飛行機の真下を見ることができる。

大型機が入ると、見物している人の帽子や置いてある軽いものが飛ばされることがあるという。

名物のおばちゃんは次の到着便を把握して、みんなに注意を促す。

みんな仲間で、一緒に楽しむ。って連帯感がすごい。

そんな美しい環境で飛行機ばかりか人同士の人情などでも癒される。

 

この番組を見て、行ってみたいと思ったけれど、少々遠い。

それに大阪の人情に馴染めるだろうかって多少の不安と。

いろいろと理由を挙げ連ね、まだ行っていない。

 

 

近場の成田空港にもこんな名所があるんだろうか。

いろいろ調べたが、あるにはあるんだが・・・・

残念ながら大阪のあれほど近接して見物できるところはないらしい。

成田空港の計画当初の経緯にも多少関係があるかもしれないな。

 

それでも、ここが一番かってポイントとして見つかったのが、「さくらの山公園」 

「空の駅 さくら館」って施設もあって、桜木もあって至れり尽くせりだ。

 

 

   


続きを読む


タグ:飛行機
nice!(47)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感