So-net無料ブログ作成
検索選択

前の3件 | -

山陽メディア フラワーミュージアム [美術館]

山陽メディアフラワーミュージアム-01.jpg
前庭の四季彩花壇には20周年を祝う20の文字が。。


山陽メディア フラワーミュージアム

 

 かつては花の美術館って名だったような記憶があったが、いつの日か名が変わったようだ。命名権を千葉市が公募したものだと思う。

 

この山陽メディア フラワーミュージアムが開館20周年の記念企画の一環で3月31日までの間、入館料が無料だそうだ。(65歳を超える者は無料なので、おいらはもちろん対象者でいつでも無料)

20年の間、存在は知っていたが、一度も訪れたことのなかったが、この機会に行ってみようと出かけて見た。

 

植物に囲まれた環境でゆっくりと過ごすのも中かな心地よいではないか。

近場にいいところ見っけと思った。

 

ところでこの周りの公園には猫がいっぱい。

あちこちに餌やるなって書いてある。

ノーラの猫も生き生きと生活しているようだった。

 

*うちでは家庭内で飼われていない猫たちを野良でなく「ノーラ」って呼んでいた。





 




続きを読む


nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かつうらビッグひな祭り2017 [祭り]

かつうらビッグひな祭り2017_勝浦担々麺-00.jpg



かつうらビッグひな祭り2017

 

 さいきん、B1グランプリの料理がテレビなどで紹介されることが目立って多くなった。

勝浦(千葉県勝浦市)は、漁業の町。カツオやマグロで有名なれど、このところではタンタン麺も負けていない。

こんな風に疎いおいらだけど、当日も日が暮れるとズンと冷えて来て、ここはタンタン麺に挑戦かって言うことで、初めて食べてみた。

 

ごまペーストのタンタン麺でなく、醤油ベースのラーメンにラー油が加わったようなあっさり系だった。

おいらの好みは食べ慣れたごまペースト系がいいかも。

辛味が得意でないので、ごまの油分と若干の甘さが辛味をうまくカバーしてくれる一般的なタンタン麺の方が食べ易いと思った。

 

 

話を本題に戻して、と言っても簡単で、昨年に次いで今年もまた、かつうらビッグひな祭りへ行ってきました。

 

この祭りは、徳島県勝浦郡勝浦町において開催されていたものが最初で、「勝浦」という地名が共通することから全国勝浦ネットワークを結んで、千葉県勝浦市では2001年より「かつうらビッグひな祭り」、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町ではビッグひなめぐりをメインイベントとする「南紀勝浦ひなめぐり」が開催されているという。

 

 

ビッグひな祭りの名の示すように、市内随所に3万体の雛人形が飾られているらしい。

3万体を全て見ることもできないが、面白そうなものの写真を羅列してみました。

 

 

 

 

 

 



 




続きを読む


nice!(40)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

土偶雛展示中 今も(3月31日まで) [博物館]

加曽利貝塚博物館_土偶雛-01.jpg



土偶雛展示中 今も(3月31日まで)

 

 最近の雛飾りは、7段飾りのような昔ながらのものは少なくなったとTVニュースでやっていたのを思い出す。

日本で主流になっているウサギ小屋では大きな段飾りは飾ることができないし、出し入れだって超多忙な人々にとっては大変な手間だろう。

 

加曽利貝塚博物館で雛人形を土偶などに置き換えた段飾りを展示中だと言うことで観に行ってきた。

ところでこの辺りではひな祭りは3月3日で、この日を境にすぐに片付けないと嫁入りが遅れると言うことで、この時期まで展示しているのは珍しいと思う。

 

豪華な生地の着物をまとった雛人形と違って、土偶なのでちょっと地味だけれど、そこはご愛嬌。

このような展示形式がとてもいい。

 

(展示されている土偶などは、加曽利貝塚土器づくり同好会の会員により、縄文遺跡から出土したものの写真や資料などから製作したレプリカです)

 

 

毎年3月に開催して欲しいと思った。

 

 

展示は31日までで、まだ展示期間が残っているので、興味ある方は加曽利貝塚博物館まで。。

 

 

 


 

 


 



続きを読む


タグ:加曽利貝塚
nice!(34)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -