So-net無料ブログ作成

前の3件 | -

西麻布に(2) [散歩]

西麻布10.jpg

西麻布に(2)

 

 西麻布の散策をメインに出かけた。
と言ってたものの、すでに愛宕神社へ来た時点で西麻布ではない。
愛宕神社と同じく愛宕山山頂に位置するNHK放送博物館は1925(大正14)年7月にこの地からラジオ本放送が始まり、愛宕山が放送のふるさとと呼ばれているそうだ。
そんな歴史的なところにNHK放送博物館がある。
おいらの記憶では、ラジオが家庭内の放送受信機だった。
ラジオ子ども向け番組のヤン坊ニン坊トン坊や赤胴鈴之助なんかを思い出す。
当たり前だが、映像を伴わないので、しっかりした記憶ではない。
当時のラジオって放送局切り替えはダイヤルスケールを見て、バリコンのダイヤルを回すことが求められるので、小学生低学年のおいらは面倒で、それより外で飛び回っている方がよかったのか、熱狂的はファンではなかったのかも知れない。
小学校の4年生か5年生になった頃、我が家にテレビジョンってものがやって来た。
最初に移った映像は大相撲の中継映像だった。
映像が提供されると記憶も鮮明になってくる。
それに反して、番組名などが怪しくなってくる。
今のように休みなく放送されることはなく、昼から夕方はテレビ放送はなくて、砂嵐状態だ。
それでも見過ぎて、頭がガンガンしてこともあったっけ。
今より集中して見ていたんだろうか。
ってことで懐かしい話題は尽きない。
ここNHK放送博物館にはそんな思い出提供のアイテムが盛りだくさん。
でも、すべて撮影OKでないのが残念。
 

 

  


続きを読む


nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

西麻布に [散歩]

西麻布01.jpg

西麻布に

 

 西麻布あたりを散策しないかって、誘われてそれってどこって感じだが行ってきた。
例によって3人のおじさん。
客観的に外見は爺さんだけれど、少なくてもおいらはおじさんにこだわりたい。
次のステップがあるか、ないかは大きな違いだ。
最近、土器の関係で忙しくしていたし、運動不足だし、運動不足解消にはいいかも。
西麻布って聞くけど、何があってそこへ行くってことでもないし、どの辺にあるのかさえ分からない。
銀座や日本橋のように商業地区でもなさそうだし。
行ってみてびっくりしたのは、超高級住宅地だった。個人的感想だけどね。
億ションって名詞は知ってはいたけど、実際それがどんなモンか外観からでは分からない。しかし、これがそうかもって、それらしき建物が多数。
道路を行き来する自動車も、この辺りの千葉の道をチョロチョロ行き交うものとは違う。
この二つの要素で、街の景観が全然違って見える。これもまた個人的感想。
隣の六本木でもないし、銀座でも日本橋でもない。独特のカラーがある。
しかもそれは人間的とも感じられる。
歩いているだけで、心が癒されるかのようだ。
大使館が多いせいか、外国人的な人の往来も多い。
決して観光客ではない、生活感がある。
そんな自然さがいい。
ぶらぶら、キョロキョロしながら、続いて愛宕神社へ移動。
ここで有名なのは、出世の石段だそうだ。
目の前に立ちふさがるかのような急勾配の石段。
見ただけで拒絶したくなりそうだ。
昼食の時間も過ぎて空腹感も重なり、散々歩いてきたので手すりの助けなしには上れないし、踊り場がなかったのに何回かの息継ぎしないといけなかった。
こんな時、自分が爺さんだと否応無しに認識させられる。
ちょっとキツイけれど、普段運動らしい運動していないツケが回ってきたと思うことにしようなね。
愛宕神社 出世の石段
寛永11年三代将軍家光公の御前にて、四国丸亀藩の曲垣平九郎盛澄が騎馬にて正面男坂(86段)を駈け上がり、お社に国家安寧の祈願をし、その後境内に咲き誇る源平の梅を手折り将軍に献上したことから日本一の馬術の名人として名を馳せ「出世の石段」の名も全国に広まった。
この旅はもう少し続きます。

 

 

  


続きを読む


nice!(35)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

加曽利貝塚 金と銀と銅 [加曽利貝塚]

加曽利貝塚ラン01.jpg

加曽利貝塚 金と銀と銅

 

 加曽利貝塚で土器づくり同好会の活動中、十数人程度の団体の一行が差し掛かった。
史跡巡りかなと思って聞いたところ、植物を愛でるために来園したそうだ。
そういえば加曽利貝塚縄文遺跡公園は、季節折々に色々植物を見かける。
今年初めて、いつも行かない場所に行った時に、会員の方からキンランっていうのを見せていただいた。
確かに蘭だ。
夕日に逆光気味に輝いて、それはそれは綺麗だった。
聞けばギンランもあるとのことだが、この場所は全てキンラン。
こうなるとギンランも見てみたくなりますよね。
そういえば成田空港新滑走路建設に際して、影響を受ける動植物というニュースでキンランの名が挙がっていた。
希少な植物だってことだと受け取った。
どの程度希少なのかはわからないが、こんな身近にあったとはちょっと驚きだ。
天候が悪い日が続いたりでしばらくたって行ったらキンランは花の盛りは終わっていた。
ギンランも別の場所にあったが、もう終わりましたっていう残念な状態。(まさにシルバーだな)
そばにハルジオンが繁茂していた、
言ってみればこれも銀かな。
ちょっと離れた林の中にウラシマソウ。
これって銅かな。
金銀銅が揃って見られた4月20日頃の加曽利貝塚縄文遺跡公園でした。

 

 

  


続きを読む


nice!(36)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -